イキサツ。

人生の作り方。

進路を考える時、
好きなことをするのがいい。好きなことを仕事にできたらいい。
みたいな考え方があるけれど、

専門的なことを勉強している友達が
「好きなことを営利目的にしたら辛くなるから、わたしはそうは思わない。
むしろ好きなことは自分の自由にした方がいい。」と言っていた。

そもそも、自分の好きなこと、向いていることってなんだろう。。。。
と特に専門性がない私は思った。
苦なくできる事が好きなこと・向いていることなのかな?と思った。

でも、好きなことってほどのものが特になかったので、
苦手なことを回避するような仕事につく事になった。

人とやり取りしないで済む黙々と精密検査をする工場での仕事。
話す事は確かにないが、淡々とした仕事で眠くならないようにすることが結構大変だった。
そして、何よりこれを私はあと数十年するのかと思ったら、気が遠くなった。。。
自分をより良く作ることできる仕事をしたい・・・・。と思ったので、1年で退社した。
模索する、期間に「人生についての答え」も知りたかったわたしは、短大の時の友達を通して、摂理のメンバーを紹介されるようになって摂理でバイブルスタディ学んだり、礼拝に参加をし始めた。

摂理に来てからは
神様に祈って、訊いて、求めて、
御言葉で確認して、御言葉を行なってみて自分の考え直したり、作ったりする。
自分で自分の定めた限界線が、自然にぶっ壊されていった。

摂理に来てから、
東京で一人暮らしするために、私が一番むいていないと思っていた事務の仕事をしたり、
山梨で生活するようになってからは、
東京にある教会まで通えるように、
絶対無理だと思っていた接客業や営業までするようになったり、

生きるために、自分の考えをひっくり返して仕事をするようなことに自然となった。

もともと自分が苦手。無理っす。と思っている分野・業務だったけれど、
仕事場の方々通して学ばせてもらえる人柄がいい人がいたり、
業務内容も自分ができることをしつつ、自分が苦手なことにもチャレンジすることが出来る
そういう所で働かせてくださいと祈って求めたので、神様が下さったと本当に思う。

はたから見たら、働いているという、ただ当たり前なことだが、
昔の私からすると、ありえない仕事をしている(現在、コールセンターで人と毎日話す仕事)のは、天の導き。

上手く出来ない自分にいらだったり、辛くなったり、しても
御言葉で自分の考えを直したり、作る事ができたから今想像もしていなかった業務しているのだなと。。

御言葉で自分の考えを直したりすることが、人生作る事だったんだ~と
「御言葉にある答え」を少しでも自分のものにしたいと、奮闘した様々な事を振り返ることが出来るくらいの年数になった時、

自分になかったものが作られている。
という実感がじわじわ湧いて、
神様の働きかけ方がわかって、
誰になんて言われても、
摂理の御言葉は神様が下さった私に向けてのメッセージだと言える今日になった。

仕事が上手くできる事が自分の価値のような捉え方が前はあったが、
うまくできない事が出来るようになるまでの過程が見えない神様と二人三脚的な歩みなので、私だけの面白さがある。

チョンミョンソク先生は「人生、一生つくることだ」とおっしゃっていた。
どう作ろうか神様に訊きながら、次の展望を見たい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  3. このブログをしている理由。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. イキサツ。

    名もなき広告塔。

    イメージ印象というものは大きい。とふと思った。父方の伯母は、ク…

  2. イキサツ。

    3.11と父と口論。

    神様がいるならばどうして、大地震が起きるのか?そう父から言われて、…

  3. イキサツ。

    愛を知ること、愛を行なうことのスタートは。

    幼いころ、両親がしょっちゅう喧嘩をすることを目にした。子供心にも大…

  4. イキサツ。

    壊して、再創造。

    私の髪質はいわゆるクセ毛。髪をベリーショートにしてから楽になっ…

  5. イキサツ。

    女子中学生のメシア。

    朝礼ならぬ朝の礼拝が山梨英和中高等学校ではある。メッセージは牧師先…

  6. イキサツ。

    人生のさなか、牧者を求めて。

    中学3年生の時、「なぜ人はいつか死ぬのに生まれてくるのか?」「…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  2. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  3. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  4. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  5. Workつれづれ

    業界No1のエステティシャン…結末は!
PAGE TOP