イキサツ。

自分を大切にするって分からない人へ。

大切にするって分からない。
どうしたらいいのか。

そう初めて心底おもったのは15歳くらいだったとおもう。。。

自分を傷つけ、相手も傷つけて、いっそう不毛に陥る。
そんなことばかりだった気がする。

いつ頃からか、自分を痛め傷つける様になって、それが癖になっていた。
だれも止めない分、ひどい有様になる。
10代の成人と呼ばれるまでの5年は10年に匹敵する重みがある気がする。。。

その時に、何を見るか。
何を考えるか。

非常に重要。

かなり妙齢になった分、その頃を思ってそう思う。

たぶん、私は行動の表面に出てこなかっただけで、ひどく病んでいた。
今思うと、10年以上ずっとそんなんだったなと思う。
カウンセリングや心理学の本でだいぶできたけれど、根本的に「生きていていい理由」が見つからなくて苦しかった。

どんな本を読んでも、決定的な納得させられる「説得力」が欠けていた。
だから、生きていても生きている味がしなかった。
そんな残念な人生で申し訳なかった。

だから私が、わざわざ山梨から東京に通っていたその理由(今も実はまた通うことになって長くなったけれど(^_^;)
それは「生きていていい理由」を説得力を持って教えてもらえるからだと言える。

命がどのくらい大切なのか?
自分が生きていていい存在なのか?

それを納得させてほしい。
そんなことを腹の底に抱えながら東京⇔山梨の往復。気づいたら季節が4回変わっていて、私が初めてチョンミョンソク牧師の肉声を聴いたのが2004年だったと思う。

生きること、死ぬこと、それら二つを同じレベルで捉えている。
そういう人だと思った。
自分とは全然境遇はちがうけれど、どうして生きるのか?なぜ生きているのか?それを何千回も命を懸けながら天に尋ね求めたというその経緯が
乾いた心にリンクするように響いた。

いろんな不条理なことがある。
誰かを憎んだり、
環境のせいにしたり、
いろんなことについて腹を立てようとしたら限りがないし、それでいいわけがない。

どうするの、どうしたらいいの?そういう時。
そんな思いで食い入るように聴いていた。
ある時の説教で

—–神様はこういいました。
「あなたの隣人をあなたのように愛しなさい」
イエス様を通して神様がそうおっしゃったから、イエス様がそのように生きたから、私もそのように生きようと思って行ないました。

そういってその時のエピソードを話してくれた。
隣人を愛するその生活は、ある時は馬鹿にされ、誤解され、後ろ指まで刺される。
きっとその時は、恥ずかしかったし悔しかっただろう。
でも、そんな気持ちをみじんも感じさせずにオモシロく話している。
それを聴きながら、自分でも驚くぐらいに目の奥が熱くなった。

カッコイイ話か?っていうと、どちらかというと世の中一般では人に笑われた話、馬鹿にされた話って黒歴史ってやつだろう。
なぜ話すのか?自分を美化するためにもそういう話をしているというわけでもない。。。
何を伝えたいのか耳を澄まして聴いてみた。

「ひたすら神様を愛する」ってこういうことだよ。
神様がおっしゃったとおりに
おこなってみるとね、人生が豊かになったよ。
あなたもやってみたらいい。
今よりずっと幸せな気持ちになるから。

神様を愛して、イエス様を愛しているから、そう行なった。
その姿は、そういうのが愛なんだよって。

そういうかんじの説教だった。

目に見えない神様を信じることって難しいし、、自分にはそんな風にはすぐに出来ないけれど。
失くした何かが戻ってくる感じがした。
もうちょっと、話を聞いてみよう。
そして、自分の生活でやれることからやってみよう。そう思った。

それは今も変わらない。
なぜか?

神様の願うことを「行なう」その人その姿が神様からのメッセージになってる。

え?こんなことあるの?衝撃。
神様が人を通して語られるって、こういうことなんだな。

そんな存在に会えた!プライスレスすぎる!!!と思えてしまったから。

見るものを選択し、考えをよくするってやっぱり大事だ。

自分を嫌いすぎてどうしようもなかった。

愛ってなんなのか分からなかった。

それが過去になっているって

最近気づいた。
小さいけれどもたしかに起きている奇跡を見つけたのだ。

年月重ねたその分、年取った自分が鏡に映っている。
でも不思議なことに、嫌いじゃない。むしろ、なんか大事におもえる。そんな奇跡。

自分のことを大切にするって愛するってどういうことなのか?
いろんな本を読んでも、人に話を聞いても、納得がいかない方には、神様からのメッセージを受け取ってみる機会をお勧めしたい。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. このブログをしている理由。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. イキサツ。

    世界にあふれている「モノ」との戦い。

    人生はあてのない旅のようだと、だれかが表現していたが私は、人生は名…

  2. イキサツ。

    チョンミョンソク牧師が、30代OLをつくばマラソンに出場させた理由〜前篇〜

    冬のスポーツといえばマラソンですね!私も30代になってフルマラ…

  3. イキサツ。

    20歳のトラックドライバー、その後

    摂理に出会う前の私 ~ちーちゃん篇⑤~20歳の4トントラックド…

  4. イキサツ。

    摂理に出会ったきっかけは、米ぬかパンのイキサツからでした。

    10代の終わりが近づく頃、当時は近くて遠い国だった韓国から来た留学生ウ…

  5. イキサツ。

    チョンミョンソク牧師が30代OLをつくばマラソンに出場させた理由〜後篇〜

    つくばフルマラソンに参加することになったちーちゃん。スタートし…

  6. イキサツ。

    人生のさなか、牧者を求めて。

    中学3年生の時、「なぜ人はいつか死ぬのに生まれてくるのか?」「…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  2. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  3. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  4. イキサツ。

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  5. イキサツ。

    業界No1のエステティシャン…結末は!
PAGE TOP