イキサツ。

恨む呪縛から自由になりたい方へ-恨むことをやめる方法とその理由。

恨みつらみを抱いていても

楽になれない。

それを分かっていても、止められない。

だから、怒りを原動力にして日々を生きていた
生きているとは言い難い生き方だとわかりながら。

そんな私が、恨むことを手放す方法を得た。

そもそも、何をそんなに恨んでいたのか気になるだろうか・・・・
田舎かつ大正生まれゆえか、祖母は長男でなけばということをことごとく言っては、
母が私のせいで不当な悪口を言われ続け、私の存在は無意味だと痛感させられた祖母の存在だ。

人の悪とは、どこから生じて、このように負の連鎖を生ませるのだろうか。
深くて暗い穴が自分の心の中に巣くっているのを感じて、これが人生の意味ならば今日にでもやめたほうがいい。
そう思っては線路に飛び込むことについて検討したものだった。

青春というコトバとは、かけ離れた10代~20代初めのそんな私。
晴天の霹靂だったのがチョンミョンソク牧師の説教だった。

自分をダメにすること。
それを、一刀両断してくれた。

自分で自分を苦しめている。
ばかばかしくも愚かな自分の苦しさを、優しくつつみこんで撫でてくれるような神様の愛が溶かしてくれた。

恨むしかない。
そんな環境、状況を体験した人が、
天真爛漫に幼子のようなほがらかな顔で
感謝しなさいって
言うのだ。

恨むことを止める方法。

説得力は言葉のうまさというよりは、どう生きてきたのか。
それによるのだと、都度思う。

チョンミョンソク牧師が生きてきた経緯を聴きながら、
悲しくないのに涙が出る、そしてそれが何だか温かい。っていう不思議。

光のほうへ背中を押してもらう感じ。
だから、そんな風に生きようって

すぐに出来ないとしても、そうなろう。

そういう心をもらえる。

そうやって、
恨む考えを
自然とやめることになったのでした。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. このブログをしている理由。

関連記事

  1. イキサツ。

    私が出会った摂理と韓国。

    私が初めて韓国を訪れたのは高校生の修学旅行でした。当時は、2002…

  2. イキサツ。

    チョンミョンソク牧師が30代OLをつくばマラソンに出場させた理由〜後篇〜

    つくばフルマラソンに参加することになったちーちゃん。スタートし…

  3. イキサツ。

    摂理に出会ったきっかけは、米ぬかパンのイキサツからでした。

    10代の終わりが近づく頃、当時は近くて遠い国だった韓国から来た留学生ウ…

  4. イキサツ。

    世界にあふれている「モノ」との戦い。

    人生はあてのない旅のようだと、だれかが表現していたが私は、人生は名…

  5. イキサツ。

    指導者が救いならば、ヤバマズイ。

    父に「長く教会に通っているから何か役職とかあるのか?」と6年くらい昔に…

  6. イキサツ。

    あってもしょーもないモノを捨てたイキサツと独り言。

    自分を責めても、失敗したことは帳消しにはならない。否定しても、…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    20歳のトラックドライバー、その後
  2. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  3. イキサツ。

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
  4. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  5. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
PAGE TOP