イキサツ。

摂理に出会ったきっかけは、米ぬかパンのイキサツからでした。

10代の終わりが近づく頃、当時は近くて遠い国だった韓国から来た留学生ウニョンに出会った。

まだ韓流ブームも始まらない日本。わざわざ日本の片田舎に来たのはどうして?と訊いたら

生まれ育ちもソウルの彼女
「人がいないところに行きたい~‼って思っていたカラ、その願い神様がかなえてくれて、やまなしに来たんだと思う😊
デモ、1年住んでみて、自分はもう少し人がいるトコロに今度は住みたいナって思う😅」とひじょうに正直な返答をしてくれた。

やはり都会生まれの人だからかな。と、その時は思ったが、「私のためにウニョンを神様が送って下さったんじゃないかな?」と今は思う。

なぜなら、摂理(キリスト教福音宣教会)に出会うには、彼女がいなければ到底むずかしかったから。

 

彼女は、高校卒業しお金を貯めてから日本に来たそうだ。
アルバイトをしながら学生をしていた。
決して楽ではない生活をしていた。
でもいつも笑っていた。
だから、不思議だった。

どうして、いつも楽しそうなのかそこが気になったし、知りたかったから、特に同じ学科でもないのに、自然に友達になった。

ある時、ウニョンから唐突に「このパン屋ってどこにあるか知ってル?」と訊かれた。

 

それは米ぬかでつくった、「こぬか爽快パン」のお店
松栄堂
だった。

すごい効果がある!という評判からメディアに取り上げられたようで、彼女はその切抜きを見せてくれた。
興味があったのでドライバーになって一緒に訪れてみた。

米ぬかで作ったパン。
美味しいかどうかと言われると正直、独特の味。

でも体にイイらしい。
彼女は「これ韓国に送れマスか?」
と店主に訊いていた。

「いや~お店から韓国に直接送るのは無理なんじゃないかな?」と私は思ったのだが、
店主は「そうだね~全国配送は始めたけれど、海外はしたことがないね。でも、冷凍して送るとかならばできるかな?」と彼女の質問に答えてくれていた。

そこまでして送るって・・・・と当時の私は思ってしまった。

なぜならば、ウニョンは切り詰めて生活しているのを知っていたから。。。

米ぬかパンもそんなに安くないし、送料も同じくらいかそれ以上する。
どうして送るの?と訊いたら

「お父さんの健康がよくなるかナって。。。」

その答えが、私には晴天の霹靂ってやつだった。
親を大切に。
そこまで行動しようと思うことなんてなかった
自分の子供加減に恥ずかしさを感じた。

ウニョンに後日、そのことを伝えてみたら

「私は以前、親に感謝ができナカッタノ。
むしろ、恨む気持ちもあったんだ。
デモ、聖書を学んで神様の愛をハッキリわかった。
それヲ教えてくれた牧師先生が親をスゴク大事にされているのを見てからカナ。自分もそうしようと思ったノ。」

イイ事をイイ!っておもうことはあっても、それを実行するに至ることはなかなか無い。
ていうのが大概なのに。。。
変化するだけの影響力を与える先生がいるんだ。
会ってみたいな。
っていうか、私は会えないと思うけれど。
そういう牧師さんが韓国にはいるんだな。イイな。
会えるならばいつか会ってみたい。

そう思った。

あの日から、こんなに時間が経ったんだなぁと。
たまたま松栄堂の前を通って思い出しました。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. キリスト教福音宣教会とは?
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. このブログをしている理由。

関連記事

  1. イキサツ。

    入口。

    「歯磨き粉貸してくれる?」って言われて、きょとんとしながら貸した。…

  2. イキサツ。

    20歳のトラックドライバー、その後

    摂理に出会う前の私 ~ちーちゃん篇⑤~20歳の4トントラックド…

  3. イキサツ。

    人生のさなか、牧者を求めて。

    中学3年生の時、「なぜ人はいつか死ぬのに生まれてくるのか?」「…

  4. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!

    ~摂理に出会う前の私・ちーちゃん篇⑫~リハビリ整形外科で、助手…

  5. イキサツ。

    女子中学生のメシア。

    朝礼ならぬ朝の礼拝が山梨英和中高等学校ではある。メッセージは牧師先…

  6. イキサツ。

    背景が素晴らしいってイイ!!

    第三の滝が完成され、そちらに上って散策しました。 ←こちらは、…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  2. イキサツ。

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  3. イキサツ。

    20歳のトラックドライバー、その後
  4. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  5. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
PAGE TOP