イキサツ。

世界にあふれている「モノ」との戦い。

人生はあてのない旅のようだと、だれかが表現していたが

私は、人生は名前の無い戦いだと表現したい。

みんな何かと戦っている。

大きくなれば、いつかはわかる

いつかは自由になれるのかなと思っていたが

 

 

見えるものが多くなるほど、

出会う人が多くなるほど、

その名前のないモノとの戦いは、

年をとる分、複雑になっていった。

 

名前のない戦いは、疲弊がハンパない。

砂漠の中、オアシスがどこかにあるかも解らず放浪するかのごとく、

ここではないどこか、に自分の安息があるのではないか

そんな蜃気楼のような希望を懐きつつ、

名前のない戦いを日夜、繰り広げる。

あぁ、山月記の主人公はきっとこんな気持ちで虎になったんじゃなかろうか、

私は、虎にもなれそうにない。

どうせ生きたまま腐るなら、納豆ぐらいにはなりたいものだと思った時

名前の無い戦いに、勝利した存在に出会った。

勝利した存在は、勝利しただけあって

ホントの戦い方を教えてくれた。

 

憎しみや怒りや憤りこそが疲弊の原因であり

赦しとは

愛とは

希望とは何なのか

血と汗が乾かないまま語ってくれた。

 

世界に溢れている戦いを終わらせようと

自分を差し出した、その存在が

どんな勝利をしたのか

知れば知るほど、永遠が

遠くなく、

実際なんだなあと理解できるようになった。

 

 

戦いはまだ続いてる、

でも

戦いの終わらせ方を知ったから

疲れても

倒れても

また立ち上がれる。

ただ勝利者の手を取れば、良いのだから。

 

 

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. キリスト教福音宣教会とは?
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. イキサツ。

    摂理に出会ったきっかけは、米ぬかパンのイキサツからでした。

    10代の終わりが近づく頃、当時は近くて遠い国だった韓国から来た留学生ウ…

  2. イキサツ。

    人生のさなか、牧者を求めて。

    中学3年生の時、「なぜ人はいつか死ぬのに生まれてくるのか?」「…

  3. イキサツ。

    チョンミョンソク牧師が30代OLをつくばマラソンに出場させた理由〜後篇〜

    つくばフルマラソンに参加することになったちーちゃん。スタートし…

  4. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?

    摂理に出会う前の私 ~ちーちゃん篇①~これから家族が摂理に出会…

  5. イキサツ。

    3.11と父と口論。

    神様がいるならばどうして、大地震が起きるのか?そう父から言われて、…

  6. イキサツ。

    ウォルミョンドン散策しながら遊びました。

    人間松やってみよーぜとまっちゃんと遊びました。まっちゃんはポー…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  2. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  3. イキサツ。

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  4. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  5. イキサツ。

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
PAGE TOP