feeling

当たり前なんですけれど、愛を知ると辛くなく幸せになるのだとわかった話。

辛いと幸せは一つ違い。

その「一つ」は、なんなんだろうと思って、時折、思い出すたびに
これか?あれか?と思索し気が付いたら20年くらいたっていたのですが、

これだなと思いいたりました。

月並みですが「愛」だなと。

しかし、この愛とはいったい何なんでしょうね。と思ったことはありませんか?

昨今「愛されメイク」「愛されるマナー」なとなど雑誌で見かけることが多く、愛するより愛されたい!が勝っているのを目にしつつ、「愛する」について、さてどこで見聞きする機会があるか?というとマザーテレサの名言だとか、イエス様の説教などなど、キリスト教関連で多い気がします。がそもそも愛という単語、ことばを使わずにキリスト教以外の宗教も愛について説いていると思います。なので、宗教って生きる根本について教えるものという定義通りですね。

さて、話が戻りますがその「愛すること」をいかに自分がどのように行なうかどうか!?というと

今週の主日のメッセージの中でピンと来たところがありました。

「説教の、愛の説教をしたら、すぐに終わります。愛です。人間同士も、愛がなければすぐ仲違いになってしまいます、関心がなかったら遠くなります。異性の愛のことでだけではなく、関心を持つことが愛です。気を使ってあげることが愛だし、よくしてあげることが愛だし、優しく、よく話してあげることが愛です、また、あげることも愛です。」

なんと!職場でも家庭でも実践しやすーい☺️😊😲

というわけで、生活の端々でやってみました😃

一番の収穫は、職場でした。

ミスをした方が自責の念にとらわれて一つのミスから負のスパイラルに入ってしまうことが生じたのですが、これがじつは先々週から続いており・・・このようなとき、接し方をどうすればいいのだろうか・・・・と、↑教えてももらったことを思い出し考えながら接してみました。

ミスを自分を責めるためではなくて、次に生かせるようにしてみませんか。そして一緒に働く私がもっとよりよくすればいい部分もあるはずなので、気づいたこと思っていることシェアしましょう。と提案してから、次の日は心も動きもお互い楽だったので、愛は辛さを解いて新しい次元へとあげるすごいものだなと思いました。

愛とは不確かなものと思っていたとき、人生が辛い。そう思っていたなぁとしみじみ思い出しました。

愛を具体的に実践するチョンミョンソク牧師からわかりやすく教えてもらえるようになってからの今は、
自分が行ってみる分だけ、幸せをじんわり味わっているなと思います。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. 胸にしみたひと言。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. feeling

    寒くても時が来たから花は咲く。

    暦の上では立春だそうで気象情報サイトでは「立春といっても明日か…

  2. feeling

    秋の賛美コンサート。

    キリスト教福音宣教会 オープン行事。Autumn Event201…

  3. feeling

    生きることは命によって命が生きること。

    真夏なのに、ツバメが子育て奮闘中です。5兄弟は両親をぐったりし…

  4. feeling

    稲刈りを通して悟った祈りのチカラ。

    「稲刈り」というと、鎌で刈り取って束ねる作業のことを思い浮ばれることが…

  5. feeling

    過去祈った事が、成されていること気づいた。

    変質しないで変化する。私が15歳の時に祈っていた理想の大人像。…

  6. feeling

    「世界の果て」といわれた場所。

    素敵なカフェがあったんです。その名も「世界の果て」という名前。…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  2. イキサツ。

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
  3. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  4. イキサツ。

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  5. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
PAGE TOP