feeling

そうめんの季節になりました。~父とのその後~

毎日の夕飯が麺類になりつつあります。

茹でて味をつけるだけなのでとても楽なのと、食べてスッキリ暑さ熱が取れるから。

しかし、マンネリ化しないように・・・いろいろ情報を収集してアレンジを加えております。

にんにくのすりおろしとコチュジャンとお酢で混ぜるだけ!でおいしいビビン麵になるよと聴いたので
最近ヘビロテ気味。

気を付けるべきトコロとしては、ニンニク臭。
なので、閉めに臭い消しになると言われている牛乳やヨーグルトなど食べてます。(が、あまり効果は薄いかも(^_^;)

夏のご飯としては、そろそろ定番の登場です。
体の熱を取ると言われている
キュウリと気の巡りを助けて代謝もよくしてくれる、しょうがのすりおろしとごま油とお酢で食べたり。

簡単だけれど、その時の体調を整えてくれる食材を取り入れて、美味しく効果を楽しみながら食の恵みを堪能。

きょうは、だいこんの千切りに紀州梅(はちみつでつけられた甘めのもの)とかつおぶし合えて、めんつゆぶっかけのシンプル一品でした。
シンプルですが、さっぱりでおいしくて食がすすみます。
そんな中、父が帰宅しました。

先日、嫌な思いをしたので、自分としては盛り付けてあげることは正直パスしたかったのですが・・・
「全ての人に愛をもって接することそれが神様の願い」と主日礼拝で教えてもらったので・・・
これは、そーね実践の機会ってやつなんじゃないの?ともう一人の私が投げかけてきたので、
やりたくない気持ちですが、すべきならば出来る心をPleaseと求めながら盛り付けて、父に出しました。

ひとまず「お、ありがとう。」と言われました。

私は心の中で「神様からだよ!そして、まだワタシ正直言って、癒され切っていないよ!もっと神様の愛を学ぶよ!」とつぶやきながらも
自分の考えとは180度ちがう神様の考えは、
心のとげを優しく溶かしてくれる。
そう、感じたのでした。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. キリスト教福音宣教会とは?
  3. 胸にしみたひと言。
  4. このブログをしている理由。

関連記事

  1. feeling

    刈り入れを待つ稲穂たち。

    <口>では時間を奪われなくても、「実体」は奪わ…

  2. feeling

    何をどうとらえたらいいのか。>万物啓示

    朝から夕方までいろいろ見せて下さいました。神様の万物通してのメ…

  3. feeling

    転んでみて分かること。

    おととい派手に転んで、歩く時に少し右足を引きずる感じになっています。…

  4. feeling

    考えが方向だ。

    「考えが方向だ。人間は考えるとおりにそちらの方…

  5. feeling

    明けない夜は無いように。

    明かない冬もない。新しい時、新しい自分を作るための力を蓄える時…

  6. feeling

    パワーをもらえることのすばらしさ。

    ちょっとパワーダウンしていた。体調どうこう、年がどうこうというより…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  2. イキサツ。

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  3. イキサツ。

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  4. イキサツ。

    20歳のトラックドライバー、その後
  5. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
PAGE TOP