feeling

小さな応援団。

花屋にはないお花がもっている、その力強さにはげまされるんです。

だれかが植えたのでもなく、

だれかに肥料をもらったり、水をかけてもらっているわけでもなく、

雪に埋もれたり、寒波に何度もさらされたはず。

でも、咲いた。

踏まれることもあるだろう。

でも、生きる。

ただありのままで生きることの美しさを
おしえてくれる。

道端のお花。

今もし不遇な時、
冷たい風、凍りつくような雪がのしかかっているようなことがあるとしても
いつかは花を咲かすその過程だということ。
温かい春の日差しの中で輝く瞬間がいつかは来る。
それをお花たちは伝えているのだ。とおもうんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. このブログをしている理由。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. feeling

    あなたならどうする?車の鍵が無くなったとき。

    それは夕暮れ時。夏野菜の収穫を終えて、さぁ帰るかと車の鍵が入っ…

  2. feeling

    寒くても時が来たから花は咲く。

    暦の上では立春だそうで気象情報サイトでは「立春といっても明日か…

  3. feeling

    紅葉がステキ。

    久々に高速バスで甲府から新宿へ向かったところ中央道の山間がステ…

  4. feeling

    母校からの便りで思い出したこと。

    私が山梨英和で中学生をしていた時、名物的なというか、印象的な校長先生が…

  5. feeling

    神様栄光週間、最終日。>まさかの電車貸切事件

    1/15今日は、神様栄光週間の最終日。おそらく、摂理のどこの教会も…

  6. feeling

    背中を押してくれる一言。

    「逃げる」と「挑む」は「しんにょう」or「てへん」のひとつの違…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  2. Workつれづれ

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  3. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  4. Workつれづれ

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  5. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
PAGE TOP