feeling

小さな応援団。

花屋にはないお花がもっている、その力強さにはげまされるんです。

だれかが植えたのでもなく、

だれかに肥料をもらったり、水をかけてもらっているわけでもなく、

雪に埋もれたり、寒波に何度もさらされたはず。

でも、咲いた。

踏まれることもあるだろう。

でも、生きる。

ただありのままで生きることの美しさを
おしえてくれる。

道端のお花。

今もし不遇な時、
冷たい風、凍りつくような雪がのしかかっているようなことがあるとしても
いつかは花を咲かすその過程だということ。
温かい春の日差しの中で輝く瞬間がいつかは来る。
それをお花たちは伝えているのだ。とおもうんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. キリスト教福音宣教会とは?
  3. 胸にしみたひと言。
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. feeling

    背中を押してくれる一言。

    「逃げる」と「挑む」は「しんにょう」or「てへん」のひとつの違…

  2. feeling

    釈放の年、チョンミョンソク牧師はどうだったのか?

    わたしはなんの役職もない一般人なんで、まったく会うと言っても、とおーく…

  3. feeling

    誰かに届けようとすることそのステキさを知るのですインスタで。

    最近、フォローさせてもらっている方々のコメント力の素晴らしさに学ばせて…

  4. feeling

    しみる。

    自分が、山梨から東京に通うのも明け方3時とか4時に起きて祈るの…

  5. feeling

    有限を無限に変える秘訣。

    時間も肉体も限りがある。だから貴い。しかし、貴いのにも…

  6. feeling

    靴をさがすように。

    「靴を脱いで部屋に入ったら、また外に出る時には自分の靴を履いて外に出る…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Workつれづれ

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  2. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  3. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  4. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  5. Workつれづれ

    業界No1のエステティシャン…結末は!
PAGE TOP