feeling

「世界の果て」といわれた場所。

素敵なカフェがあったんです。
その名も「世界の果て」という名前。

残念ながら、今はなくなってしまったけれども。

看板が出ていないお店ほどオモシロク素敵だと思わせてもらったお店の中の一つだった。

素敵な場所がやまなしにもあったんだなぁと、意外に思ったあのお店。

私の固定概念が崩されたんです。

「意外に」ってなんか嬉しい出会いですよね。

こーだとおもっていたけれども

そーでなかった。

世界の果てはもっと、絶望的なところなのかと思ったけれども、

(やまなしを死んでると表現する人たちもいるので)

世界の果ては、日常にないセンスとユーモアが営業しているお店でした。

そう、いつも自分がどうするかにかかっているんだな。

オモロイ人達を見るとそう思う。

何を蒔いて、刈り取るのか。

もっと良い認識・正しい考えを持って

いきたいなと改めて、おもう

秋の空。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. 胸にしみたひと言。
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. feeling

    Electrifyingなかんじ。

    「行なう前は必ず<研究>し、また<確認>しなければなりません。これが「…

  2. feeling

    赦しが偉大な癒しであり、それは天から来るのだ。

    祖母が胆石によって入院をした。昔からいろいろと祖母と私たち家族…

  3. feeling

    紅葉がステキ。

    久々に高速バスで甲府から新宿へ向かったところ中央道の山間がステ…

  4. feeling

    寒くても時が来たから花は咲く。

    暦の上では立春だそうで気象情報サイトでは「立春といっても明日か…

  5. feeling

    願いから生まれる。

    人生の中で前に進みたいけれども進めないような時が誰しもある。立ちす…

  6. feeling

    「勇気」って一歩前に進み出る力のことだったんだ。

    一分コーチング的な動画。日本キリスト教福音宣教会-摂理の「見るだけ…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Workつれづれ

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  2. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  3. Workつれづれ

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  4. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
  5. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
PAGE TOP