feeling

ご近所さんの桃作りから思うこと。

桃農家さんより毎年、ハネダシ(出荷できないもの)のおすそ分けをいただく我が家。
「上手くもない桃で・・・・」という言葉とともに毎年頂いているが、
ほんとうに、甘くない桃でどうして、こうなるのだろう。。。土のせい?何が原因なんだろうと
毎年思っていた。

がしかし、今年の初桃をいただいたところ

甘い!!!

例年よりも、色が白く、甘みもみずみずしさもあり、これは~とおどろいた。

品種と手入れの仕方を変えられた模様。
努力と研究をされたのだ。

桃は、成木になるまでに約3年だそうだ。
その間ずっと剪定や肥料など細かくかえりみながら
実を結ぶまで面倒を見るのだ。

ふと主日礼拝で聴いたメッセージを思い出す。

「<自分の将来は>
「現在の自分の行ない」によって左右される

だから「今の時間」は本当に貴重だ」

桃が美味しい地域があるので、土のせい・環境のせいだと諦めるような思いがあったのだが、
違うんだとはっきり教えてもらった。
自分がどう行うのか。
今という「時」をどのように使うのか
それによって、未来が変わる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. キリスト教福音宣教会とは?
  2. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  3. このブログをしている理由。
  4. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. feeling

    「世界の果て」といわれた場所。

    素敵なカフェがあったんです。その名も「世界の果て」という名前。…

  2. feeling

    赦しが偉大な癒しであり、それは天から来るのだ。

    祖母が胆石によって入院をした。昔からいろいろと祖母と私たち家族…

  3. feeling

    過去祈った事が、成されていること気づいた。

    変質しないで変化する。私が15歳の時に祈っていた理想の大人像。…

  4. feeling

    就職氷河期のヤバイ私が、コロナ渦で更にしぶとく前向きに生きるその実録。

    いやはや、思った以上に職に就くのは難しく予想通りいや、それ以上に書類落…

  5. feeling

    考えが方向だ。

    「考えが方向だ。人間は考えるとおりにそちらの方…

  6. feeling

    シャツのしわをのばすように。

    朝まだ気温が高くならないうちにと、急いでアイロンを掛けようと一念発起。…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  2. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  3. Workつれづれ

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  4. Workつれづれ

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  5. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
PAGE TOP