Thinking

自由になる知恵。>対人関係

最近、指導者との関係で苦しんでいる子の話を聞いた。

色々たまりにたまっていたことが、あることをきっかけにばぁーーんっと破裂したみたいな感じ。

役職があっても、使命があっても、それが人間の高低を示すものではなくて、個性どおりに天が用いるためのものであり、
天の前では兄弟姉妹なのだ。という御言葉が最近あったので、それを紹介したところ

「楽になりました」と言っていた。

指導者のイメージが、自分の中になんらか既存の概念があるとそれで苦しい場合が結構あるかもと、
ヤングなかんじの方にある種の傾向として感じられる。
指導というのが上から下みたいなイメージ、優等な方が劣等な者を治めるのかしら~みたいな。
「指導者」ではない人は「指導される」側として、なんか負担感感じてしまって仲良くしたくない気持ちが私は当初あった。

天がいろんな過程を与えてくださって、神様のおっしゃる指導者の意味をちゃんとわかって
そして、核である「天と私」という一対一を掴む時、摂理の人間関係も楽になった

相手を通して、傷を受ける時、苦しみを受ける時
お祈りして、天に訊いて
そして御言葉で答えをもらって、溶けて行った既存の概念。

悩み中のその子も、もっと自分と天が近くなるように、新しい自分になる実践の時にしますという決心をしていた。

天との関係がまず解かれていてこそ、兄弟姉妹との関係も和睦する。
天の心情。天の愛を知る時に、その愛が自分の心に満ちるから、相手にもその天の愛で接することが出来るようになる。
もっと、そうなりたい・・・・。と心から切望。

ありのままの愛を
ありのままに伝えられる人を目指したい。
そう、チョンミョンソク先生みたいに。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  3. このブログをしている理由。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. Thinking

    御子の降誕は愛。つまりは、一人ではないってこと。

    うどん屋であったか夕ご飯。レジで精算したところ「聖夜を一人さびしく…

  2. Thinking

    いつでもできること。

    仕事中に、強烈に無理だ。と諦めそうな気持ちが湧いてきて私を取り囲んだ。…

  3. Thinking

    なかなか見つけられなかったもの。

    自分のいいところ、家族のいいところ。良いところを見つけるよりは、短…

  4. Thinking

    掃除を通してこのようにこうだ。

    悔い改めとは体を洗うように必要なことだ。悔い改めほどいいことは…

  5. Thinking

    地に足つけつつ天をあおぐ。

    楽して栄えることはない。神様を信じない人でも知っていることだと以前…

  6. Thinking

    リアルに制約を受けない愛。

    摂理で神様の愛、神様から人間に向けられている願い・想いを知り、自分…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  2. イキサツ。

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
  3. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
  4. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  5. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
PAGE TOP