Thinking

個性と調和。

ある時、管理職をされていた女性から
「あなたはNoと言える人(自分の考えを言える人)だけれど留学経験があるの?」と訊かれたことがありました。

ホームステイはあるけれど留学はしたことがない旨伝えたら、
その方はイギリスで少し生活をした時があったが
全てのやり取りと判断が「自分に選択権がある」ということを初めて感じて感動したという話をしてくれました。

「No」という考えも認められ、尊重されることが当たり前な世界があることに衝撃だったそう。
日本の暗黙のルール的に「みんなに合わせることがいい」という感覚の違いに驚いたと。
また、自分が選んで自分の意見を言える喜びを感じて、これからは私は日本でまた生活するとしても絶対考えて選択しようとおもったの。
と話されていました。

神様の中で調和・平和に暮らすために必要なことを一つ見つけた気がしました。

おおかみと子羊。牝牛と熊が共に暮らすような世界>イザヤ書11章参照

否定をするための「No」じゃなくて
相手と自分が違うことを前提にして、受け入れる。認めること。ちがいを知る「No」
自分という個性
自分以外の個性を認めること、自分の思い・考えも伝えるように表現することって大事。

摂理の中でいろんな個性と出会うので調和するには
御言葉をもとに考えることを習慣にするしかないので、
わたしはそこで自分と相手が「良い意味で違う」という考えをいつの間にか身に着けていたのかもです。

相手も自分も神様の作品。

互いにすてきな作品になりますように。

 

平和

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. キリスト教福音宣教会とは?
  2. このブログをしている理由。
  3. 胸にしみたひと言。
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. Thinking

    お掃除の極意。

    聖殿の掃除にひさびさに参加させてもらいました。玄関掃除に着手。…

  2. Thinking

    冷たい心を溶かすもの。

    今回、月明洞窟の散策路で韓国のメンバーから温かな挨…

  3. Thinking

    明るい死に支度。

    後悔のない生き方はもうこれ以上できない。という生き方をしてこそだ。…

  4. Thinking

    細かく見たらリアルに神様の愛に包まれる。

    源泉かけ流しの湯めみの丘。湧出した泉温:湧出口温度44.3…

  5. Thinking

    なんか疲れた。

    力が出ないというか起き上がれないというか原因理由も考えたくない…

  6. Thinking

    嬉しく楽しい対話になる秘訣。

    1日中話す仕事をしていると、問い合わせ件数が多い分、お客さんを個として…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  2. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
  3. Workつれづれ

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  4. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  5. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
PAGE TOP