Thinking

遭遇。

それは主日礼拝に向かう早朝。
隣の家の倉庫の屋根にドタンッと大きな音が。
猫よりも大きい・・・2足歩行の動物。
凝視していたら、振り向いてきて「あ。」とお互いに目が合いました。

猿でした。

昔から、「登校の際に猿と会ったら、目を合わせない事。目を合わせると襲ってくるから気を付けてください」と言われていたくらいサル出没地域でしたが、こんなに近くで見たのは初めてかつ、この時期には珍しいです。

目があっても、彼は落ちついた様子で悠々と近くの電柱に飛び乗り、
IMG_20160904_055139-2
まるで電線がそういう道かのようにふつーに、電線つたって帰って行きました。
IMG_20160904_055144
IMG_20160904_055149IMG_20160904_055157-2どんだけ田舎なんだろう。。。と改めて思った瞬間でした。

っていうか、これ何か意味あるのだろうか・・・
(普通に生態系とか環境問題とか何かという目に見える話だけでなくて)

「悟れ」とおっしゃることが何かあるのでしょうか?と考えを求めていたところ・・・

ふと思いだしたら、そういや野生のキジもいるなと。
そして、桃畑もあるし、うちに犬いるし。

これは・・・まさしく桃太郎の体制。

そういや、今回やまなし礼拝捧げた時の実行委員会は4人でした。
たしかに、4人それぞれの個性とパートがあり、聖霊様の導きで約2か月で集結、実行。
ミラクルとしか言えない。やまなし礼拝。。。

神様、鬼退治をすべく仲間を送ってくださったこと感謝します。
猿の位置で頑張ったでしょうか私足りないところばかりで反省の嵐ですが
もっと感謝して主の御心なされるように、感謝で祈ります。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. キリスト教福音宣教会とは?
  3. 胸にしみたひと言。
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. Thinking

    指摘とアドバイスのちがいについての考察。

    ちょっとしたぼやきです。摂理に来る前も来てからも感じる事ですが・・…

  2. Thinking

    服を買わずにおしゃれさんになる方法。

    79歳マダムのパリ流「ファッション断食」より参考になる・共感するところ…

  3. Thinking

    目を疑った。

    明日は冷え込むらしいよと母から情報を入手していたのでヒートテック+…

  4. Thinking

    実践者の哲学。

    「ジャパネットたかた」の創業者、高田氏の人生哲学についての記事を読んだ…

  5. Thinking

    日常のなかで知る。

    労をねぎらうことが出来る人は労苦を知っている人だと&n…

  6. Thinking

    実はみんな知っているようで知らない。

    人生の問題はいつか肉体は死ぬことわかっているのに、後悔しない生き方をち…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  2. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  3. Workつれづれ

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  4. Thinking

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
  5. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
PAGE TOP