Thinking

冷たい心を溶かすもの。

 

今回、月明洞窟の散策路で韓国のメンバーから温かな挨拶をしてもらった時や
売店前で軽食食べていた時、、
親近感もって自分も同じの買ったよ~美味しいよねと、にこやかに挨拶してくれた年配の韓国人のメンバー通してあったかな喜びをもらった。

嬉しいなと思うのは、距離感が全くなかったから。

韓国と日本の間には解かなければならない問題があると感じたのは
初めて韓国に行った高校の修学旅行だった。

その頃はまだ韓流ブームもなく、日韓協賛ワールドカップの前だった。
韓国は、近くて遠い国、そんな感覚の時だった。
ソウル市内に独立運動で有名な記念碑があるところに行った時、韓国人のおじさんから話しかけられた。
「あなたたちの先祖が何をしたのかをちゃんと見て学んでほしい。私がなぜこんなにきれいな日本語を話せるのかを知って欲しい。そして、二度とこのようなことがおこることが無いようにして下さい。」とても流暢な日本語で(まったく癖がないといって良いほど)そのようにおっしゃった。

憎しみや、恨みの感情はなく、ただ悲しく辛い事が繰り返されることが無いようにと願う心だけが感じられる一言に、
申しわけなさと共に、日本が第二次世界大戦で行なったことをあまりにもわかっていなかったことに恥ずかしさを覚えた。

日本が韓国を植民地としていた時代があることを知っていたが、それがどういうことなのか
個人の人生と民族の歴史にどのような影響を与えるのかを、現実として認識させられた。

起きてはならない戦争、絶対成すべき平和。
全人類の願いをどのようになして行くのか、その時からより具体的に現実的に考える機会になった。

幾度となく考えては思考の迷路に入り、答えは見つけ出せずにいたが
摂理にきて
ベトナム戦争の戦場で自分が殺されるかもしれないような瞬間も相手を抱きしめたチョンミョンソク先生の話と、月明洞で出会う世界各国のメンバーの笑顔と温かな挨拶を見て思う。

戦争をどうしたらなくせるのか。
戦争がもたらした傷はどのようにして無くして行けるのか。

それは、人間の考えを越えた、神様の愛だと答えを見せてもらった。
生活の中でも、それは私個人と家庭でも、それを持ってこそ平和を成せるとかみしめている。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. キリスト教福音宣教会とは?
  2. このブログをしている理由。
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. Thinking

    ほぐすこと大事。

    ほぐすこと。とどこおりをなくすこと。体も、こころも。…

  2. Thinking

    姉妹の祈り。

    最近、何人かの姉妹から「(kounさんの)個性が、御心の通りに…

  3. Thinking

    世界最高峰といっても過言ではない羽生選手の一言から教えてもらったこと。

    怪我をして4日ぶりにランニングをしたところ・・・体が重い。普段…

  4. Thinking

    日常のなかで知る。

    労をねぎらうことが出来る人は労苦を知っている人だと&n…

  5. Thinking

    前もって対策。>子供への犯罪

    イギリスのケンブリッジ大学大学院で犯罪学を学ばれた立正大学(東京都…

  6. Thinking

    傷ついた心と憎しみが消えた時のこと。

    今朝聞いた箴言<神様の愛>を強く感じるためには、<考え>を強く…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  2. イキサツ。

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  3. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  4. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  5. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
PAGE TOP