Thinking

意見・抗議の発信の仕方を少年たちから学ぶ。

イングランド南西部エクスターにある学校イスカアカデミーに通う。SWNS
イギリスの学校に通う男子生徒たちが「スカートの乱」を起こした。BuzzFeed newsを読んだ。

イギリスの学校の男子生徒たちが、暑くても長ズボンを強制される理不尽な校則に立ち向かったこの一件。
地元メディア「デボン・ライブ」が男子生徒らがスカートをはいて登校する様子をFacebookライブし、100万回以上再生されたとのこと。

 

この日の最高気温は34度。6月としては41年間で最も暑かった。
50人ほどの男子生徒がスカートをはいて登校。コリーン・スミス記者が生徒らにインタビューする。
生徒たちは「暑すぎるからスカートを履いているんだ」と口々に答える。

ある男子生徒は「うだるように暑い中、長ズボンを履いて授業を受けてはいられないよ」と話した。
さらに、女子生徒はスカートか長ズボンを選べるのに、男子生徒は長ズボンしかないことに疑問を呈した。
「男子も女子も同じ権利を持つべきだ」

BuzzFeed newsより引用

ユーモアありきな主張がめっちゃいい!!
と思った。

ツイッターでは6万リツイートされたり、イギリスBCCの記者がコメントをしてツイートしたり
Facebookでアンフェアな校則に立ち向かう子供たちに「規則はいいものですが、時には常識が必要とされます。がんばって少年たち!」「君達よくやった」などなど、応援がたくさん寄せられたりで
ついには、来年からは半ズボン履いてよいと学校から許可されるようになったとのこと。

勝因は、意志・主張をはっきりと行動したことと、SNSの威力だとおもう。

校則の理不尽さ・不可解さって世代と国問わないのだな~と感じる。
だれしもが、一度は「この校則って意味なくね?どうなの?」と思う事があったはず。
ゆえに、共感を得るしかないことだとおもう。共感性はSNSにおいて、ものすごい威力を発揮するな~と改めて感じる。
しかし、なんにしろ「主張」をユーモアでコーティングしながら現しているのがイイ!
こういうのいいな~

摂理カルトっていう事実的根拠がない情報にたいしても
なんかユーモアでもっと対抗したいな~と思いました。

 

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. 胸にしみたひと言。
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. Thinking

    韓国で出会った摂理人

    まっちゃんが出会った韓国の摂理人。…

  2. Thinking

    サラダランチと私の嫉妬。

    マザーテレサの子孫と今週もランチをしたのだが、彼女のランチプレート…

  3. Thinking

    野鳥の鳴き声で思い出した。

    ↑これは序の口versionです。もっ…

  4. Thinking

    すべてがチャンス。

    疲れた時、うまくいかない時、落胆しそうな時、起き上がれそうにない時、倒…

  5. Thinking

    ふと、比べる病が生じる時。

    都会のねずみと田舎のねずみという絵本がある(タイトルはうろ覚え)…

  6. Thinking

    愚かな客として学ぶこと。

    知らないと損するというハナシ良く聴きますが、そんな失敗も、知ら…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  2. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  3. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  4. イキサツ。

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  5. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
PAGE TOP