Thinking

指摘とアドバイスのちがいについての考察。

ちょっとしたぼやきです。
摂理に来る前も来てからも感じる事ですが・・・
指摘とアドバイスは似ているようで全く違うと私思うんです。

指摘している人は分かっていないから教えて上げたのだというスタンスなのかもしれないけれども

指摘はただ見たままをいうだけであって、アドバイスではないなと思います。

わたし、中学生の時にウツだった時があるんですが死にたくなる気持との戦いの時に
頑張れといわれたり、死なないでねと言われてもじつは逆効果でもっと落ち込んだのを覚えています。
それと似ている。。。とかんじました。
目いっぱいしているのに、もっと頑張れと言われるとか
目いっぱいしても、あまり出来ていないことは自分自身が一番わかっている。
そういう点を安直に言われるとキレますね心が。プツンって。。。

 

分かっている点を言われると、その親切?な気持ちを汲み取りかねる・・・。
正直私の血気にギアが入ったのでサタンとの戦いをお祈りして何とか心が整理できて
私の気持ちはおいておいて、目的を成すためには割り切るしかないそう思いました。

 

目的は目的だ。
チョンミョンソク先生が、ジョウン牧師がいろんな力が抜けるような出来事があったとしても
立ち上がるのは目的がぶれないからだなと改めてお二人の精神力と信仰にリスペクトです。

話がずれましたが、そう指摘は「見たままのことを言う」だけであって発展性がないです。
アドバイスは「こうしたらイイよ」という提案・方向を示されることであって発展性があります。

自分が一番わかっている所、苦しんでいるところを
どうにもできないから苦しいのであって・・・
心配してくれて「頑張れ」とか言ってくれる気持ちであっても、
事態が改善されないことを簡単に言うのは本当にやめてほしい。そう思いました。。。

人にしてほしいと思ったことを人にしてあげなさいとイエス様がおっしゃったのを思い出しました。

また、こういう気持を私は与えていた事があっただろうなと。
ただ指摘するようなことを私もしていたことがあったことを気づいて直そうと思う機会になりました。

祈ってありのままを神様に告げて行くときに荒ぶる心が落ち着くのを通して、やっぱお祈りっていいなとかみしめつつ
指摘とアドバイスちゃんと区別して、心が生きるアドバイスができるような人になりたいと願い求めています。。。

何を言いたいかというと、アドバイスと思って善かれと思って言ってることが相手を苦しくしていることもある。
そういう事もあるので気を付けてください~
ということと、

アドバイスとは助言・忠告だとコトバンクに載っていますが、
助言とは「助けになる事をそばで言うこと」とのこと。
つまり、助けとは、「事態が改善される・解決される・答えがある」ところまでを言う事ではないかと思います。
ゆえに、答えと結果が手に入らないことは「ただ現実を突きつける」指摘といえる。
これがアドバイスではない一言に苦痛を受けた私の考察です。

 

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. Thinking

    雨が降っても時を掴むツバメたち。

    今日は午後から雨模様。ツバメたちはお休みしているかな?と思いき…

  2. Thinking

    隙。

    心の隙ほど、気をつけなければならない。そう改めて感じました。…

  3. Thinking

    夢で見た自分の家。

    「夢で「自分の人生の家」はどんな家なのか見なさい。」と言われて、昔…

  4. Thinking

    キリスト教福音宣教会がカルトなのか知りたい人へ。

    カルトとは?~に書いてあったから。~が言っていたから。~に…

  5. Thinking

    挫折が前向きになる言葉集。

    「人生は天気のようだ」という一言から始まる挫折を味わっている人に向…

  6. Thinking

    東京マラソンを通して思ふ。>応援

    昨日2/26に開催された東京マラソン。参加したことがある人の記…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  2. イキサツ。

    20歳のトラックドライバー、その後
  3. イキサツ。

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  4. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  5. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
PAGE TOP