Thinking

ダメだし祭りのさなかで思う詩。

だいぶ負のスパイラルをしなくなったとしても、
自分のことを肯定的にみれない脳の思考回路と実際、事実至らな過ぎる自分の有様に
ほんとうに、カタクチイワシみたいな自分で申し訳ない・・・
「うまれてきてすみません」的な気持ちが生じ始めました。。。

そんな時、
「そう、そうだよ。
あなた、今だけじゃなくて、昔からそうだったじゃん。
いついなくなってもいい様な人だった。
でもさ、生きながら生き埋めにされるような苦しさ抱えて生きていたところから、
救われたんじゃん。
こんなカタクチイワシみたいな、とるにたらない存在だとしても
いてもいいと言ってくれる存在。それが主でしょ。」
そう、もう一人の自分が私に話しかけてきました。

たしかに。

そして、チョンミョンソク先生の詩が思い浮びました。

「主の前に立つと私小さくなる 主の後ろ立つと涙もろくなる」

自分の考えから抜け出す瞬間でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. キリスト教福音宣教会とは?
  3. このブログをしている理由。
  4. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. Thinking

    摂理人あるあるかもしれない。

    ミコトバを読む事で満足・信仰が良いとおもってしまう。それを真っ…

  2. Thinking

    地味な作業のさなか、派手に感動したこと。

    あんなに小さかった子がこんなに大きくなりました。といわんばかりにカ…

  3. Power of God's word

    能動的インスピレーションをもらう摂理の礼拝。

    チョンミョンソク先生は故郷を神様の作品になるまで開発された方。それ…

  4. Thinking

    野鳥の鳴き声で思い出した。

    ↑これは序の口versionです。もっ…

  5. Thinking

    途中下車したっていいじゃない。

    きれいな夕日を見てそう思った。中学生だった時、不登校気味になっ…

  6. Thinking

    いつでもできること。

    仕事中に、強烈に無理だ。と諦めそうな気持ちが湧いてきて私を取り囲んだ。…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  2. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  3. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  4. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  5. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
PAGE TOP