Thinking

日常のなかで知る。

労をねぎらうことが出来る人は

労苦を知っている人だと

 

労をねぎらってくださる方をみて思う。

 

 

そのように

いろんな痛み、悲しみを知っている人は

神様の痛みを感じられる人なんだ

そうチョンミョンソク先生をみながら思った。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. キリスト教福音宣教会とは?
  3. 胸にしみたひと言。
  4. このブログをしている理由。

関連記事

  1. Thinking

    マザーテレサの子孫とランチ。

    ご存じのとおり、マザーテレサはシスターなのでご子息、孫等いらっしゃらな…

  2. Thinking

    汚部屋ならぬ汚屋敷掃除の仕事で、教えてもらったこと。

    ゴミの中で生活をすることを良しとされる方もいると、近年耳にすることはあ…

  3. Thinking

    希望はシャボン玉ではない。

    私が摂理にくる前は、「希望」とはシャボン玉のようにきれいだけれど、…

  4. Thinking

    思い出のかむかむレモン。

    落ち込んでると、知ってか知らずか話しかけてくれる摂理のこどもたち。…

  5. Thinking

    人と比べる苦しさからの脱却。

    一人ひとりがオンリーワンだって言っていう歌詞にみんなそうだよねと感動し…

  6. Thinking

    歯を食いしばって、踏ん張ろうと思える一言。

    ちょっと、仕事で悔しい思いをしました。自分の至らなさを目の当た…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  2. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  3. Workつれづれ

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  4. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  5. Workつれづれ

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
PAGE TOP