家族とのイロイロ

父について祈ったら変わってきたコト。

①白米好きな父が雑穀米も食べるようになった。
健康のために雑穀をと推奨を何度もしたのですが、「白米がウマイ!」と一点バリだったのが
最近、自ら雑穀米をお茶碗に装っている姿を発見。
食わず嫌いだったのかもしれませんが、「体の健康のことを考えて食べ物を選択できますように」と祈っていたことが聴かれた!と感じました。

②ティッシュでちゃんと鼻をかめるようになった。
つい手で拭いて乾燥させてしまうエコな父。
様々、それはやめてくれ~と色々お願いしたけれども、なかなか聞き入れられず・・・。
本人が必要だと感じることが出来るように神様、何かメッセージを父に与えて下さい!と切実に祈ったところ・・・・
ある日、父がティッシュを手にする日が来ました涙。
何があったのか聴いたところ、
信号待ちをしている車の中で、女性が鼻に指を入れてモリモリほじっている姿を目撃したそう。

③手洗いうがいをするようになった(ほぼ冬季限定)。
私が、孫が、具合悪くなったらどうするのか?と問うたところ
この戦法が功を奏しました。
知恵を下さった神様に感謝です。
そして、父は優しい人なのだなと気づきました。

④怒鳴らなくなって来た。
常に話しかけるだけで怒り出すという時が長かったんですが、
怒鳴られる側の気持ちがどんなものかを、全力で伝えてみたところ
少しずつ変わりました。
父の為に祈る様になったら、父を違った視点で見る事ができるようになりました。神様の愛で癒されるべき所が癒されるように。
そんな風に思えるのは、神業だと思いました。

もう話したくない。
一生口きかなくてもいいや。
そう思うところまで行っていたのですが、
チョンミョンソク先生が「生んでくれた恩」「育っててくれた恩」を忘れず親に感謝しなさいとおっしゃり、
先生が本当にご両親を大切にされていた姿が心に残り、
そして、自分のどーしようもないところを神様は御子は赦して下さったのだというその愛で
父に向き合うようになりました。
心のかさぶたがはがれる痛い思いたくさんしましたけれども、
逃げなくてよかった。

向き合えるように力を下さった天に心から感謝します。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. このブログをしている理由。
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. 家族とのイロイロ

    怪獣プンスカからの脱却。

    私や父はかなり怒りキャラでした。話しかけるだけで、怒り出す父を…

  2. 家族とのイロイロ

    美味しく生きる秘訣。>人生のソースの作り方

    チョンミョンソク先生が教えてくれた人生をおいしく生きる秘訣。「…

  3. 家族とのイロイロ

    証動画を通して神様の御働き。

    母に、摂理のバイブルスタディーを伝えています。「ペテロと魚」と「人…

  4. 家族とのイロイロ

    母の変化。

    コミュニケーションがデッドボール的なわれら一家ですが、祈りと御言葉…

  5. 家族とのイロイロ

    姪っ子名言集。

    御年、4歳。「大きくなったらお金を貯めて、やまなしに家を買って…

  6. 家族とのイロイロ

    家庭内問題も結局コレか。

    母が父に対してご立腹し、ぷんぷんしている母から事情を聴きながら夕食をと…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  2. イキサツ。

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  3. イキサツ。

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  4. イキサツ。

    20歳のトラックドライバー、その後
  5. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
PAGE TOP