家族とのイロイロ

美味しく生きる秘訣。>人生のソースの作り方

チョンミョンソク先生が教えてくれた人生をおいしく生きる秘訣。

「料理の美味しさはソースだ。
そのように味付けを美味しくして人生を生きる事だ。」

やさしい言葉だけれど奥が深い。。。
奥が深すぎて、私の人生にどのように適用させようかと
長い間、心に寝かせてしまっていたが
想定外にやまなしにUターンして実家で平日暮らす生活になってから、
この秘訣がものすごい私を助けてくれた。

私たち家族の特徴は、対話が出来ない。
デッドボールみたいな荒々しいやり取りになるのが普通だった。

味にたとえると、しょっぱい味付けばかり。

どうしたら美味しくできるのか。。。

温かな笑顔はどこから来るのか?

 

メンバーと一緒に暮らしていた時に学んだことを思い返し、
先生が教えてくれたことを思い出した。

 

私が教えてもらったことは、
神様の愛で接することに挑戦する事。
御言葉で棘とげした心を抜いて、温かい心を祈ってもらうこと。

 

父に対して、向き合うことが最初の2,3年はかさぶたはがして塩水で洗うような痛さが伴ったけれど
痛い分、祈って求めて
神様が祈る中で下さった温かさで話しかけてみた時に、
お?
と変わってきた。

祈って、優しい味付け、温かい気持ちになる言葉を考えに満たして、
その温かさが少しでも伝わるように、
繰り返し試行錯誤するなかで、春の木洩れ日的な温かさがじんわり生じてきた。

 

憎んだらサタンがくるが愛したら神様が来る。

その一言が本当に的確。

やってみて、ちょこっとだけわかってきた。
人生のソースの作り方。

 

 

苦い時、しょっぱい時、辛い時、そういう時がむしろ
人生を美味しくつくる事ができる機会なのかもしれない。

心底、神様に人生がおいしくなるソース・特性レシピを求めるしかないから。

そういうことでもっと、美味しくすべく
神様に尋ねながら創意工夫、作成中。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  3. このブログをしている理由。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. 家族とのイロイロ

    家庭内問題も結局コレか。

    母が父に対してご立腹し、ぷんぷんしている母から事情を聴きながら夕食をと…

  2. 家族とのイロイロ

    証動画を通して神様の御働き。

    母に、摂理のバイブルスタディーを伝えています。「ペテロと魚」と「人…

  3. 摂理の人々

    天国へいく者とは?

     先日、小学校に上がる前の摂理の幼稚園生たちと教会の中で一緒に…

  4. About 摂理

    摂理カルト・教祖の関係図イメージとその実態。

    「教祖」という単語って、普通にドン引き。。。じゃないですか?・…

  5. 家族とのイロイロ

    デッドボールではなく、キャッチボールができるようになった件

    わたしたち家族は自分のキモチをそのままぶつけて相手の言葉(キモチ)…

  6. Thinking

    興味深い一言。

    壮年部礼拝で初めてお会いした方の一言「私がチョンミョンソク先生が神…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
  2. イキサツ。

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  3. イキサツ。

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  4. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  5. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
PAGE TOP