摂理の人々

騙されることと騙されないこと、分け目は何かって話。

駅の待合室であるご夫婦が感情露わに話されていた。
狭い部屋なので、何を話しているのか筒抜け。
携帯電話の契約に関しての話でした。

「ちゃんと調べている人には、疑問が湧くけれど、
ちゃんと調べていない人は、疑問が湧かないから、あの説明だと選択できないような感じ。あれだと詐欺だと思う。」

おぉ・・・私も思ったことがある。。。
ちょっと前に、この件はニュースでも問題になっていた。
携帯電話・ネット関連の契約について知識がない人達に高額の商品まで当たり前に買わせている手法が問題だと。

話を聴きながら、結局、「騙し」って
確認・判断できないようにすることだなぁと改めて思いつつ
ある壮年部メンバーの方のイキサツを聴いた話がまた思い出されてきました。

息子さんお二人とも摂理のメンバーだそうですが、
お母さんが摂理のメンバーになるまでにはドカンと大きな衝撃があったそう。

「息子さんがおかしな宗教にやられているから救い出さなければならない」と
どこかの塾の先生やら大手出版社の記者から力になりますよとお電話をいただいたとのこと。
まさしく青天の霹靂。
自分の育て方がまずかったのだろうかと悩まれたそうです。
いろいろなことがあった様子がうかがえますが
結論、息子の話を信じるという判断をしたと話されていました。
詳細を聴けていないですが、当時を知るある指導者の方が「お母さん、疑問点をびっしり質問事項として上げられてこられたので、お母さんのための聖書勉強会をしたんですよ。懐かしいわ~」と話されていたところからすると、命懸けで息子たちのことを心配しただろうなとうかがえます。

無神論者だったお母さんが神様はいらっしゃると思えるまでは長くいろんなイキサツが合ったはず。
でも、今があるのは、息子さん達とお母さんとそして、取り巻く人たちが真実に対話したんだろうなと思いました。

だましはないと確認がすることができたから
「あの時は息子を何とかして取り戻そうと潜入するような思いだった」と振り返ることができる今があるんだなと感じ
じーんとしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. このブログをしている理由。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. 摂理の人々

    摂理あるある。>ミコジャン

    御心(ミココロ)じゃんけん【通称】みこじゃ…

  2. イキサツ。

    私が出会った摂理と韓国。

    私が初めて韓国を訪れたのは高校生の修学旅行でした。当時は、2002…

  3. 摂理の人々

    摂理が本物だと思う3つの理由。

    1.変質なのか変化なのかは、自分次第であること。…

  4. 摂理の人々

    確かな希望を壮年部の方からもらった。

    主日礼拝の後に、教会を移籍される方のあいさつを頂いた。「201…

  5. 摂理の人々

    どうして英語をおもむろに勉強したくなったのか。

    三十路も半ばな私がどうして英語を再度勉強したくなったのか??仕…

  6. 摂理の人々

    写真家さんは見るところが鋭い。

    「摂理ぺたぺた写真日記」hanaちゃんは写真家さんです。彼女の自然…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Workつれづれ

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  2. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  3. Workつれづれ

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  4. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  5. Thinking

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
PAGE TOP