信仰

ポジティブ思考と感謝生活は似て非なるもの。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昔、読書感想文の課題で「少女パレアナ」が出された事があった。

ハウス食品名作劇場の「愛少女ポリアンナ物語」(平成生まれは絶対知らないだろう)の原作だ。

当時のクラスメイトが「無理矢理な楽天主義は気持ちが悪い。そう書いて提出する」と意気込んでいる様子が
強烈だったので、忘れられない作品。(笑)

 

たしかに、心疾患に「ポリアンナ(パレアナ)症候群」という名前が付けられている。
どういう症状かというと
楽天主義、行き過ぎたポジティブ思考は現実と向き合わなくて実際取るべき行動をとれなくなる
というもの。

善いことを探す、そのことは良いとしても、現実にある解決すべき問題を見据えて対処しなければ現実逃避になってしまい
事態が悪化することもあるということだ。

ポジティブ思考は、落ち込みを回避できるが、根本的な解決にはならないという事を知り得る。

わたしは、摂理に来てから摂理外部の人から肯定的だとか、ポジティブだよねと言われることが時折ある。
以前は否定的な考えで負のスパイラルだった人なので、大分変ったんだな~と思う瞬間だが、
どうしてそうなったのか、をふり返って考えてみた。

思い当たったことは、
神様に感謝することで神様の視点で考えて自分の直すべき所、改善点を見つけて直していくことを
教えてもらったからだった。

そう信仰生活をする中で、すべきことの一つに「感謝すること」が上げられている。

「すべき」というと、強制的な命令的な感じの印象をあたえる言葉だが、
自分にとってあたりまえに必要なこととしての「すべきこと」だ。

チョンミョンソク牧師の神様への感謝の精神はどのようなものかというと、

崖のようなところから転がり落ちても、雷に打たれても、詐欺師に騙されても、神様に感謝。
神様がしてくださったこと、与えてくださったものは何年経っても感謝。
どうしてそうできるのか?と思って考えてみた。
絶対信仰があるからだろう。

どうして絶対信仰があるのか?
本当の苦痛を知っているし、そこから救ってくださった神様を真実に認めているからだと思う。

底辺・どん底を知っている人は這いあがるしかない。

そして、自分を助けて下さる方は誰なのかを痛切に知るしかない。
ダビデが詩編を通してもそれを語っているように。
なぜ神様に「感謝する」べきなのか?
チョンミョンソク牧師の説教を見るとそう生きるべきだなと素直に思えるのは
ご自身がその通りに生きて来られたからなんだと思う。

 

 

 

この記事を書いたブロガー

黄雲 kouun
甲斐の国、山梨在住、平信徒(役職なし)。
東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、一念発起し上京。約5年経たのち、想定外に山梨へUターン、山梨から東京へ通う生活、再びなアラフォー。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黄雲 kouun

投稿者の記事一覧

甲斐の国、山梨在住、平信徒(役職なし)。
東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、一念発起し上京。約5年経たのち、想定外に山梨へUターン、山梨から東京へ通う生活、再びなアラフォー。

関連記事

  1. 祈りに包まれて
  2. 神様から、雲のメッセージ☆
  3. 1つでもいいから やってみよう^^
  4. いちばん、お返ししたい人
  5. 残念なタクシー「このようにこうだ」
  6. どうして私だけ?
  7. どうしようもない状況 (>_<)
  8. 人のものを うらやましく思う時

✧*。beauty&health(

Food(●´ω`●)&料理

PAGE TOP