Workつれづれ

命を大切に~自殺を考えた人との対話~

修了式が終わり、学校も子どもたちが修了して、ガランとなった。

 

先生たちは、[春休み]とは言うものの、年度末の事務処理と教室や書類の後片付け&年度始めの事務処理と教室の準備でほぼ学校に来る。

 

今日も、春休みに出勤してる先生と一緒に教室で弁当を食べた。

 

お師匠と同じくらいの、60~70代の超ベテラン先生。

 

まっちゃんに色々人生の中で起こった面白い&悲しい&過激&驚きのエピソードを話してくれた。

 

その中で、

「自殺しようとした。」

という衝撃の告白を聞いた。

 

(もう、人生ここまででいい。)と、自分で自分の人生にピリオドを打った時があったと。

 

しかし、自殺しようと向かった場所で 見知らぬ人に声をかけられ、その人と話す中で 自殺しようとしてた考えが薄れたそうだ。

 

まっちゃんは、その話を聞きながら、

(ああ、人を通して神様が働かれたんだな。)

と思った。

 

いつも、命を一番愛して大事に守っていらっしゃるのは神様だ。

 

お師匠も、若い時に 自殺 しようとして、神様に命を救われたことがあると教えてくれた。

自分自身に落胆して、人生を諦め、走っている列車から飛び降りようとした 瞬間‼‼

 

 

ぐいっ

 

 

と誰かに強く後ろに引っ張られて、飛び降りれなかったらしい。

驚いて 後ろを振り向くと、そこには・・・

 

 

誰もいなかった。

 

お師匠「もしかして神様が助けて下さったのですか?」

 

神様 「そうだ。」

 

このように、神様は感動を通して、肉体に衝撃を与えて、人を通して、私たちの命を守って下さっている。

そう教えてくれたのはお師匠だった。

 

いつも命を助けて下さっている神様に 心から感謝だ☆。.:*・゜

 

この記事を書いたブロガー

まっちゃん
大阪教育大学卒。小学校教師。
大阪(在住)と佐賀(実家)をこよなく愛するグルメ好き。
最近のお気に入りスポットは梅田。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. 胸にしみたひと言。
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. Workつれづれ

    子どもと大人の指導法~「人は接し方次第だ」

    今週の主日礼拝で「あなたも人々も【接し方】にかかっている。【ボ…

  2. Workつれづれ

    「イラッとしない」思考回路を作る方法に挑戦。

    私は仕事柄(コールセンター勤務:北は北海道から南は沖縄からのお問い合わ…

  3. Workつれづれ

    問題を通して考える。

    一年のうちで最高潮に繁忙期、真っ盛り。今年の繁忙期は期間が今までよ…

  4. Workつれづれ

    ある条件・理由によっては会社都合の退職として見なされる件。その2

    医師の診断書を添付して申請をする「特定理由離職」についての続きの話です…

  5. イキサツ。

    業界No1のエステティシャン…結末は!

    ~摂理に出会う前の私・ちーちゃん篇⑧~ますます忙しくなるエステ…

  6. Workつれづれ

    仕えることは、心に接すること。

    最近、また美容院を変えてみた。腕がよくても暴言(否定的な言葉「頭が…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  2. イキサツ。

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  3. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  4. イキサツ。

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  5. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
PAGE TOP