Workつれづれ

愛の渇き

先日、子どもが家出をしたという話を聞いて、まっちゃんは、心が痛かった(´;Д;`)

 

その子は、どんな思いで家を出たのだろう??

 

家に居場所がなかったのだろうか?

何か周りの悪い考えに流されたのだろうか!?

 

残された家族の事も考えた。

 

家族は、その子が帰ってくるのを

どんな思いで待っていたのだろう・・・・

 

事件に巻き込まれていないか心配しただろうし、

何かあったのではないだろうかと気が気ではなかっただろうなぁ~(´-`).。oO()

 

家出をする場合、理由は様々だろうが、

何か【満たされない】ものがあるから、出ていくのだろうか???

 

一体【何】に満たされないのか??

 

聖書に 家出をした「放蕩息子」について書いてある箇所がある。

 

抜粋すると、

ーーーーーーーーーーーーーーーー

ある金持ちの家に二人の子どもがいた。

次男は、父親からもらえる財産を全て持って

家を出て行ってしまう。

 

彼は、あらゆる遊びでお金を使い果たし、

食べるものにも困る中で、

初めて実家がどんなに恵まれていたのかに気づく。

 

心を改め、実家に帰り 父親に

「もう息子と呼ばれる資格がありません。

どうか、雇人のようにして下さい。」

と告げようとする。

 

しかし、父親は

一切 問いたださず、

見つけた瞬間 走り寄って抱きしめ、

最上のものを息子に着せて 帰還を祝う。

<ルカによる福音書15章参照>

ーーーーーーーーーーーーーーー―‐

 

ここでは、愛する息子を失った父親が、

再びその息子を手にして

無条件  喜ぶ姿が書かれている。

 

 

この父親の心は、

【神様が全人類に対して抱いている心】

だと、お師匠が教えてくれた。。

 

 

【全人類は、神様が「愛」を入れて創造した。

 だから神様の「愛」で存在している。

 

しかし、考えが「神様」に向かないと

神様の「愛」を感じられない。】

~お師匠の言葉より~

32644308

 

つまり、人間は「愛」がないと飢え乾き、

心が満たされなくなってしまうようにつくられているという事だ。

 

子どもも 大人も 自分を満たしてくれる

「愛」を探し求めて生きているんだなぁ。

 

「愛」が足りなくて、満たされている人を嫉妬したり、

「愛」が分からなくて、自分の価値を見失ったり・・

 

時には命まで失うnewsを聞くと、悲しくなる(´;Д;`)

 

 

本当の意味で世の中が「愛」に満たされたら、

家出も、様々な悲しいニュースも

なくなるんだろうな。

 

神様の「愛」がみんなの所に届きますように☆。.:*・゜☆

 

33121272

 

誰でも、神様を考え、愛するほど、

神様の「愛」を吸収することができる。

~摂理の言葉より~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. このブログをしている理由。
  3. 胸にしみたひと言。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. Thinking

    チューリップに込める思い~諦め癖のある子へ~

    @photohito.com今日、生活の時間にチュ…

  2. Workつれづれ

    新学期☆時間に追われない秘訣

    まっちゃん、今日から新学期だった。…

  3. Workつれづれ

    表現をちゃんとする。

    いろんな意味があると思うが、今日やってみて思ったのは、伝える相手に…

  4. Workつれづれ

    仕えるってことを、少しばかし挑戦してみた。

    連日、通常の問い合わせ件数より2.5倍の状況において、自分中心の考…

  5. Workつれづれ

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!

    摂理に出会う前の私 ~ちーちゃん篇④~ちーちゃん篇、久々の更新…

  6. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後

    摂理に出会う前の私 ~ちーちゃん篇⑤~20歳の4トントラックド…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Workつれづれ

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  2. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
  3. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  4. Workつれづれ

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  5. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
PAGE TOP