Workつれづれ

わめき散らすお客さんとの遭遇。>解決は裂くことでした

ひさびさに罵られ、罵倒浴びせられるお客さんに当たりました。
「馬鹿野郎、あほかー」といろいろと仰っていました。
話が進まないという不毛事態ゆえに「至らぬ点あり申し訳ございません、別の者からご連絡差し上げますので」と申し出ましたが、切らせてくれず・・・。
1時間越えつつ罵られまくりながら対応させてもらいました。

私にも改善点はあったので、次回に生かせる機会にもなりました。
とはいっても、一方的に癇癪を起して話にならない状態の方とやり取りするのは易しくないです。
以前は心労でくたくたになりました。
が、今はそこまでダメージ受けていないです。
それはなぜか?

 

自分よりもかなり年上のおじさんが癇癪起こしても、神様の視点でみれば
小さい子供と同じなんだな~とおもえたり
過去わたしも妹にこんなかんじだっただろうなぁ・・・・本当にひどい奴だったなぁ
こんな私を救ってくれた主に感謝だなと感謝したり
負の感情に飲まれなく済むようになったのは、
神様の御言葉真理善と悪を裂くことを知るようになったからです。
日本のことわざでいうところの「罪を憎んで人を憎まず」
これが分かるようになりました。

悪とはなんなのか、
罪とはなんなのか、

これがはっきりわかると、自分を直せます。

だから、相手の罵倒罵声が
私の全部を全否定するとしても
認めて直すべき所は直す。
これが私の生きる道。

すこしでも神様の考えに近づけるように
考えと行ないを直す機会をもらったと考えられるようになりました。

まだまだプロ意識が足りない私の姿勢等反省しつつ、次回に生かします。
毅然と必要なことを正しくはっきりと伝えると
相手も良心があるならば出方が変わってくると今日は学ばせてもらったり
ひとまず認められるところは認めるようにすることが相手の気持ちを落ち着かせることが出来るのだなぁと
色々収穫がありました。

逃げずに挑めるようにして下さった神様の御言葉の御力に感謝です。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. このブログをしている理由。
  3. 胸にしみたひと言。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. Workつれづれ

    教師仲間 その⑦ 小学校教師 さやパンダ先生

     まっちゃんの教師仲間を紹介します!第七回目は、「さや…

  2. Workつれづれ

    失敗するとき、当たり前なことがしみる。

    当たり前なことだが、それに出会うとはっとすることがある。それは、な…

  3. Workつれづれ

    一生懸命だとしても、軸がずれるとただの徒労。ゆえに、必要なのは「結果をだす方法」ってこと。

    昨日の水曜礼拝のメッセージで「仕事の知恵・仕事の知識・仕事の要領がなけ…

  4. Workつれづれ

    愛の渇き

    先日、子どもが家出をしたという話を聞いて、まっちゃんは、心が痛かった(…

  5. Workつれづれ

    ぶつかって。新しい景色を見る。

    お客さんとのぶつかり。その原因は・・・。互いの認識の違…

  6. Workつれづれ

    幸せの種 教室での一コマ

    小学校の朝は、まず【挨拶】と【出席調べ】から始まる。まっちゃん…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  2. イキサツ。

    20歳のトラックドライバー、その後
  3. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  4. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  5. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
PAGE TOP