つぶやき

チョンミョンソク牧師のお母さんを思い出すと知らないうちに涙が出る。

もう亡くなられて3年目になること、あっという間で驚くしかないけれど
先生のお母さんを思い出すと、言語化するのがむずかしい強烈な想いが込み上げてきます。

一番最初にお会いしたときは縁側で、2回目にお会いしたのは部屋の中ででした。
どちらも20分もしない短い時間で、簡単なあいさつを月明洞を訪問したみんなでさせてもらっただけでしたが、
それぞれ、印象的だったのは適当じゃない握手をしてもらったことでした。

深い苦労と重ねてきた歳月をかんじる
節くれだった指と深い心情がシワと共に深く刻まれているような手。
子供のように小さくなったお母さんのどこからこんな力がでてくるんだろう?と不思議に思う握手。

毎年何千人と日本人は訪れているはず。
なのに「あなたに初めて会いましたよ。良く来ましたね。」
というような力強くて、温かい握手。

先生のお母さん。
というと、私はあの握手を思い出してしまう。

「先生はどんなお子さんでしたか?」と誰かが質問をした時に
「うんこ漏らしながらピーピー泣いて後をついて来るような普通の子だったよ」
と少し遠くを見ながら話されている姿を見て、何歳になっても子供は子供なんだという言葉が思い浮かんできました。

チョンミョンソク先生について、ねつ造された報道で先生のご家族も大変な思いをしてきたはずです。
とくに月明洞(ウォルミョンドン)に取材陣が押し掛けてくるようなこともあったと聞いたことがあります。
先生のお母さんはソウルで先生のお兄さんと生活していたので月明洞に戻らなくてもよかったのに、
あえて戻ってこられたんだということを後から知りました。
先生を心配して少しでも間違った情報がなくなるようにしようとされていたんじゃないか?

握手を真心込めてして下さっていたその想いと、
裏表がないカッコイイ生き方をされてきた先生のお母さんを思うとなんだか知らないうちに目が熱くなります。
私でさえ、もう一度会いたい先生のお母さんなのに、チョンミョンソク先生はどれほどだっただろうか。
それを思うと、心が痛くて、言葉になりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. 胸にしみたひと言。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. つぶやき

    たしかに成されたこと。

    冬の大地の様な凍った心に、春の様な日差しのように心に響くことば。「…

  2. つぶやき

    蒔いてこそ刈り取る。

    私の家の近くには水田が多い。秋の始まりを告げる風は稲穂の香りだ。…

  3. つぶやき

    コワイを克服すること。小さなせんせいに教えてもらいました。

    春爛漫。さくらの開花を楽しむそんな今日日。ひさしぶりに…

  4. つぶやき

    洗脳されたハナシ。

    今日の読売新聞、朝刊一面記事は「自殺相談SNS設置3割」全国の約3割の…

  5. つぶやき

    カルトだっていわれても。

    昨日は一日中、偏頭痛で頭がガンガン痛み吐き気もでてきたのでその…

  6. つぶやき

    いいのか悪いのか…忍者みたいってよく言われます。

    忍者と言われる理由・・・・それは足音がしない&気配を消せる。と…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Workつれづれ

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  2. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  3. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  4. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  5. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
PAGE TOP