つぶやき

チョンミョンソク牧師のお母さんを思い出すと知らないうちに涙が出る。

もう亡くなられて3年目になること、あっという間で驚くしかないけれど
先生のお母さんを思い出すと、言語化するのがむずかしい強烈な想いが込み上げてきます。

一番最初にお会いしたときは縁側で、2回目にお会いしたのは部屋の中ででした。
どちらも20分もしない短い時間で、簡単なあいさつを月明洞を訪問したみんなでさせてもらっただけでしたが、
それぞれ、印象的だったのは適当じゃない握手をしてもらったことでした。

深い苦労と重ねてきた歳月をかんじる
節くれだった指と深い心情がシワと共に深く刻まれているような手。
子供のように小さくなったお母さんのどこからこんな力がでてくるんだろう?と不思議に思う握手。

毎年何千人と日本人は訪れているはず。
なのに「あなたに初めて会いましたよ。良く来ましたね。」
というような力強くて、温かい握手。

先生のお母さん。
というと、私はあの握手を思い出してしまう。

「先生はどんなお子さんでしたか?」と誰かが質問をした時に
「うんこ漏らしながらピーピー泣いて後をついて来るような普通の子だったよ」
と少し遠くを見ながら話されている姿を見て、何歳になっても子供は子供なんだという言葉が思い浮かんできました。

チョンミョンソク先生について、ねつ造された報道で先生のご家族も大変な思いをしてきたはずです。
とくに月明洞(ウォルミョンドン)に取材陣が押し掛けてくるようなこともあったと聞いたことがあります。
先生のお母さんはソウルで先生のお兄さんと生活していたので月明洞に戻らなくてもよかったのに、
あえて戻ってこられたんだということを後から知りました。
先生を心配して少しでも間違った情報がなくなるようにしようとされていたんじゃないか?

握手を真心込めてして下さっていたその想いと、
裏表がないカッコイイ生き方をされてきた先生のお母さんを思うとなんだか知らないうちに目が熱くなります。
私でさえ、もう一度会いたい先生のお母さんなのに、チョンミョンソク先生はどれほどだっただろうか。
それを思うと、心が痛くて、言葉になりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. キリスト教福音宣教会とは?
  2. 胸にしみたひと言。
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. このブログをしている理由。

関連記事

  1. つぶやき

    1週間ふり返ってみると。。。

    摂理に通って思うのは、ただ忙しく同じことの繰り返しではないなぁというと…

  2. つぶやき

    ランニングを続けると何が変わったか?

    家族や親戚から、部活に入るならば体育会系がいいよと進められつつも完全に…

  3. つぶやき

    作る喜びと食べる喜び。

    父が蕎麦の実を初めて栽培した。その蕎麦どうするんだろうと思っていた…

  4. つぶやき

    かかとが割れた時にはコレ。

    季節の恒例のごとく冬になると、かかとが割れます。…

  5. つぶやき

    蒔いてこそ刈り取る。

    私の家の近くには水田が多い。秋の始まりを告げる風は稲穂の香りだ。…

  6. つぶやき

    雪道で滑りにくい歩き方と石橋叩く生き方は似て非なるもの。

    関東は明日午前中はまだ雪が降っているだろう、通勤通学の際、足元にご…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Workつれづれ

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  2. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  3. Thinking

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
  4. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  5. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
PAGE TOP