イキサツ。

あってもしょーもないモノを捨てたイキサツと独り言。

自分を責めても、失敗したことは帳消しにはならない。

否定しても、改善にはつながらない。

しかーし。
責めること、
否定することって
自虐することって

簡単で、
身近にありふれてて
コンビニみたいに当たり前。

自己嫌悪と自己否定、責任転嫁の
トリプルループへ吸い込まれるように入り込み絶望の自暴自棄ワールドへと
いざなわれる。
(自暴自棄が、身に覚えがある面倒なもの同士でよく自暴自棄ワールドを、JJKとゆーてました(笑))

長らくJJKの住人でしたが、チョンミョンソク先生から学ばせてもらって

ナニが自分を辛くさせるのか。
それがハッキリわかるようになりました。

神様は
うまくできることを評価するのではなく

神様と一緒に自分を作ること
ただ神様と共に生きることを願われてる

神様の観点でみて、感じて

「生まれてきたことが奇跡」

それを
あらゆる角度から味わわせてもらう
神様の大きな大きな愛を知るようになりました。

一緒に考えて
乗り越えていこう
手を差し出してくれるその手を振り払ってしまっていた
その分、遠回りした時間のロスを痛感し。
これ以上はカインの性格のさばらせてはならぬ。
そう思っても、
生きてきた時間の分
考えが固まっていて、
砕くのに、削り取るのに
時間がかかっているのは、いなめまへん。
もう自分、無理なんではないだろうか。

そんな思いが生じる時。

天の心情でペンだこ何十回潰しながら
書き送ってくださった
先生の姿

それを思い出すと
諦めちゃなんねえ

ほふく前進でもいい。
前にすすめるならば。

そんな思いを天が与えて下さって

昔よりだいぶマシになった今です。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. キリスト教福音宣教会とは?
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. イキサツ。

    カラスと恐怖ならぬ強風。

    低気圧の影響で北日本が荒天と天気予報で聞いていた通りその余波なのか…

  2. イキサツ。

    人生のさなか、牧者を求めて。

    中学3年生の時、「なぜ人はいつか死ぬのに生まれてくるのか?」「…

  3. イキサツ。

    念願のウォルミョン湖でボート部なり。

    10年越しの願い成されました!!にわかボート部になりま…

  4. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!

    ~摂理に出会う前の私・ちーちゃん篇⑫~リハビリ整形外科で、助手…

  5. イキサツ。

    摂理に出会ったきっかけは、米ぬかパンのイキサツからでした。

    10代の終わりが近づく頃、当時は近くて遠い国だった韓国から来た留学生ウ…

  6. イキサツ。

    名もなき広告塔。

    イメージ印象というものは大きい。とふと思った。父方の伯母は、ク…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  2. イキサツ。

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  3. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  4. イキサツ。

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  5. イキサツ。

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
PAGE TOP