feeling

過去祈った事が、成されていること気づいた。

変質しないで変化する。

私が15歳の時に祈っていた理想の大人像。
矛盾なく嘘がなく、純粋な子供のような心を持った大人。

そんな人いたらマジで会ってみたい。そう思っていた。

わたしは摂理で先生から御言葉を聴くようになって10年以上になったが、よくわからないこと全部確認しよう~とおもって御言葉聴いていた当時から、今に至るまで

先生は常に神様。
神様最優先。
そして、常に感謝と愛。

先生は崖のようなところから落ちても
この程度のけがで済んでよかったですと感謝したり
詐欺に遭っても、神様を恨むことなく
これはどういうことでしょうか?と
神様に尋ね求めるお祈りして、もっと根本的なことを悟ろうとしたり、

とにかく、神様の視点から見たら
他に類を見ない最高に愛らしい方であり
人間からみたら、そこまで目に見えない神様を信じて愛せるのか
という驚嘆隠しえない奇跡の人。
すべてがレジェンドみたいな方。

がしかし、人がそう言うから、はい。そうなんですねと私は鵜呑みに出来ない人なので、
映像通して、説教の原稿を通して先生に会うとしても、その言葉一つ一つが真実なのか私の心で見て聴いて、教えてくれたことを自分が、生活を通して確認してみたところ、気づいた。

20年前に
もしいるならば会いたいと祈っていた
探してもいなさそうな人に会えた。
ということ。
神様に一生、感謝。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. キリスト教福音宣教会とは?
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. このブログをしている理由。

関連記事

  1. feeling

    稲刈りを通して悟った祈りのチカラ。

    「稲刈り」というと、鎌で刈り取って束ねる作業のことを思い浮ばれることが…

  2. feeling

    コトバにヤラれ、コトバで立ち上がる。

    これ最近いろんなところで聴いたり、目にしたりするコトバ。バズー…

  3. feeling

    刈り入れを待つ稲穂たち。

    <口>では時間を奪われなくても、「実体」は奪わ…

  4. feeling

    「世界の果て」といわれた場所。

    素敵なカフェがあったんです。その名も「世界の果て」という名前。…

  5. feeling

    シャツのしわをのばすように。

    朝まだ気温が高くならないうちにと、急いでアイロンを掛けようと一念発起。…

  6. feeling

    おさなごのこころ。

    念のために、申し上げるがおなごのココロにあらず、幼子オ…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  2. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  3. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  4. イキサツ。

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  5. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
PAGE TOP