家族とのイロイロ

対話しようにもむずかしいけれども、母の日です。

コロナの件で家庭内ソーシャルディスタンスを取っている最中ゆえに
自然発生的に座敷童もとい、子供部屋おばさん(最近こういう名称があると知ったので使ってみました。)の進化系?孤食生活をしております。(がもとより、掃除洗濯も自分の分をやっているのでほぼルームシェア的生活)

もともと食事も普通に作っていましたがすべての時間を一人で食べるって山梨に帰って来てからなかったなそういえば。と、唐突に始まった新しい習慣?!もしかするとこのままずっと続くかもしれないくらい、自分のタイミングで食事するって楽!が7割、ほんのり寂しい2割、母の手料理ってやっぱ😋すごいな。恋しいぜ!が1割。

さて、5/8は韓国は国上げての「父母の日」(両親に感謝と愛を伝える日)のため、やはりチョンミョンソク総会長牧師先生は
この日にちなんで地上の親、天上の親について、大切にし敬い仕えることについて、ご自身の体験を通して説いてくださったのですが、こんな状況のワタクシ故にまことに沁みいりました。。。🐜

「親も子もお互いのことがわかったらすごく喜びます。しかし、思想・考えが違う。
時には、違うことを心が違うことを主張することがありますがそれが親の立場、子供の立場あるからです。」

ホンマにそれ。。。
母を否定したいわけではなく、それってどうなの?と問いかけているのに、突っぱねられているので・・・もう心も距離が自然とできてしまっているのですが、

「子供として親の立場に努力して合わせていく。まだ親がわかっていないときは要領よくやっていかなければなりません。
親と子供のことも研究すること。どのようにして合わせるべきか。」

マジかー研究かぁー😫
合わせるなんて考えてもいなかったので、これは研究しがいがありそうです!
しかし、正直なところ・・・やろう!という気持ちが起きないな~と思っていたところ・・・
チョンミョンソク総会長牧師先生のご自身のお話にとどめ⚡を刺されました。。。

「うちの母も、あなた私の心をかき回してしまう。と言われました。
そのように計画をしたわけではないので、そんな風に言うのか?と思いましたが親の立場では愛しているからひどく傷つくのです。親の心も研究をすればわかります。親の気持ちを研究すればわかります。

親が死んでから、生前よくしてあげられなかった
そんなことを言わないように、全部やるべきことやったといえるくらいにしなければならない。
あれが出来なかった、ということがあってはいけません。親に上手く仕えられなかった人が言うことです。
他の兄弟より喧嘩も口論もしましたほかの兄弟よりもいつもよく仕えて差し上げました。
神様という親にもそのようにして生きるべきだということです。
数十万回ぶつかっても神様は笑顔で接してくださり続けました。
親がいるということは幸せなことです。なくなっても親がいたことが幸せなことです。
一緒に仕えてお供して生きることが幸せなことだ。
親がいてもいなくても、変わることなく仕えて生きればいいのです。
親が肉が死んでも霊がいるから。
いつも仕えてあげて祈って生きていけばいいのです。
天でもどこに行ってもいつも祈ってあげることだ。
それが、ものすごい影響力があります。生きているときも同じです。

 父母の日に子供たちに一つ言いたいことがあります。親は年を取ると子供になります。
幼子になる。どうしてか?体も力も、考えも弱くなって頼ろうとします。
子供に頼るようになります。
だから、年を取った親には大きいことも小さいこともしなければなりません。
先生もしてあげました全部。どこどこ行っていたなど、一日中何をしたかを話してあげました。(以下、略)」(個人的な記録なので正確性は欠けていることご了承ください)

チョンミョンソク牧師先生は毎度こういう家族行事の際に、家族愛とは。。。を説いてくださるのですが、

そのたびにじーんとします。

そして今回は特に、「だれか」にでなく、「私」に神様が先生を通して語られていらっしゃるようなかんじがし
遠くはない未来のことまで考えて、後悔なく生きなければと改めて気が引き締まりました。

ひとまずは、、、、
母の日をよい機会としてつかんで
研究を重ねようと思います。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. キリスト教福音宣教会とは?
  2. 胸にしみたひと言。
  3. このブログをしている理由。
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. 家族とのイロイロ

    引くか引かないか分かれどころな気がするが。>信徒の基準

    年に一回でも礼拝に参加するならば、信徒です。と、言ったら…

  2. 家族とのイロイロ

    デッドボールではなく、キャッチボールができるようになった件

    わたしたち家族は自分のキモチをそのままぶつけて相手の言葉(キモチ)…

  3. 家族とのイロイロ

    母と祈る。

    毎日ではないが、母とお祈りをする。母が神様と親しくなれるように、母…

  4. 家族とのイロイロ

    リアルに「このようにこうだ」。

    新聞記事の内容がよくわからないと言って、妹が父に説明を求めていた時、…

  5. 家族とのイロイロ

    父について祈ったら変わってきたコト。

    ①白米好きな父が雑穀米も食べるようになった。健康のために雑穀をと推…

  6. Thinking

    おつかれさま。

    父が退職をしました。お花を沢山いただきました。&nbs…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  2. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  3. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  4. イキサツ。

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  5. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
PAGE TOP