About 摂理

カルト摂理から出られない理由。

はじめに。。。

「摂理はカルトである」と明言されているのをどこで目にしたり聴かれたりしましたか?
大概の人は、インターネットの情報ではないかと思われますが、私は学校の授業でそういう情報を知り得ました。
私のように学校で知ったという方もきっと多いでしょう。

わたしは摂理に来る前、私はキリスト教の宣教師が立てた学校の中高短大に通っていました。山梨英和の卒業生です。
聖書の時間が1週間に1度あります。そこで、「摂理というカルト宗教に気をつけろと聴いたこと」が何度か有ります。
しかし、その話と摂理の実体があまりに違っていて全く結びつかなかったので、
摂理に来てから2006年の報道で「あ~あの時、学校の先生や牧師が言っていたのはこれだったのか」と、ようやく分かった次第です。あまりに違うため、驚きとともに笑っちゃいました。

学校の先生たちがおっしゃっているようなカルト集団とは
似ても似つかない摂理の実態をみた自分としては、
「摂理はカルト宗教である」という情報がどうして存在するのか、不思議でした。
数年、考えてみたところ、見えてきたことがありました。

摂理から出ていく判断とカルト団体の相関関係

摂理を出る方をたとえるならば、
「ある学校に入学をしたけれど、思ったより面白くなかったです。だから別の学校に編入しました。」そういうご状況とよく似ている気がします。

同じ年に入学をした他の人は「自分のしたい事もでき、学びたかった事も学びながら、新しいことにも挑戦でき、充実した学校生活を送りました。」という場合、その学校の理念・方針・カリキュラムに原因・問題があるかというよりは、その個人の考え・姿勢・価値判断によるものではないですか?

摂理脱会者の方が摂理の人々や摂理で触れた見聞きしたことについて
「ご自身の考え・感覚で受けた印象等」は、否定はできないです。
しかし、それがイコール摂理の実体ではないということです。

ちなみに、摂理は追い出すことはなく、出ていく人のことを心配はしても、泣いてすがって止めるということはないです。
これはあくまでも自分が見聞きしたことの範疇なので、泣いてすがって止めた方も、もしかしたらいるかもしれません。
しかし、洗脳とか何かのノルマとかそういうことは一切ないです。
心配とかそういう親愛の情からくるものです。

個人の決定は、止められません。なぜならば、自由意思だから。
なので、「摂理を出る方法」とか検索されている方がもしいるとするならば、方法も何もないです(^_^;)

「個人的な見解・意見のカルト定義」がなぜ「事実」に見えてしまうのか?

「あそこのラーメン屋、油がやたらと多くて、うまみというよりは油味だった。」と
実際、食べた人がいうならば、さっぱり系が好きな人は「そっか、じゃ私は行くのやめよ」と思いますよね。

もし行ったことが無い人が「あそこまだ行ったことがない店なんだけれど、みんなあんまり行かないほうがいいっているよ。なんか高いだけで美味しくないらしいよ」という情報だと、言っている人が信頼できそうな人ならば鵜呑みにするかもしれないですが、説得力はどちらの方がありますかね。

ヤハリ、その店に実際に行ったことがある人の言葉・情報ではないでしょうか。
またメディアに紹介されたり、肩書きがある人・著名人的な人のコメントは、そうなんだと受け入れる傾向があるかと思います。

摂理はカルトである!と仰る方々の面々は
過去摂理で礼拝捧げたり、メンバーだった時期がある方
摂理とは異なる教団の方で、摂理の実体を見ておらず憶測で不安がられている方(どこかの教授とか)、おもにこの2つに集約されるかとおもいます。

事実確認は存在せず、
「かつて摂理にいたことが有る人が話しているから」
ある程度の社会的地位がある「教授がカルトだっていっているから」

この理由が「摂理カルト」の定義なのです。

「摂理はカルト」となる評価決定はこのような理由

楽天とか、アマゾンとかで買い物するとレビューありますよね。
あれ、参考になりますけれど、選ぶときの軸が人によって、
それぞれであることをコメントから伺えます。

安ければ質はそこまで求めない。それならば☆4つ。
安くても、自分の求めている水準の質でなければ☆2つ。

個人の物差し・自分の中にある軸(評価基準)と一致するかしないかで

その意見が自分にもたらす影響の度合いは変わると思います。

そのように意見とは「個人の考え方・状況・価値観等によって下す判断・評価等によるもの」です。

わたしには2歳になった姪っ子がいるんですが、最近自分にとって気に入らないことがあると「嫌い!」というそうです。
何がどのようにとかまだ表現できないからそうなるんでしょうけれど、不快感・嫌悪感・不服を全部ひっくるめてその単語を使うようです。

「摂理はカルト」と言う話がでてくるのも、それと似通っていると思いました。
仏教徒でも神道でもない無宗教に近い日本人の宗教に対する感覚って、
得体の知らない宗教。未知の恐さ=カルトになるのでは?と。

箱の中に手を突っ込んで、箱の中に何が入っているのか?それを当てるゲームとかしたことありますか?
目で見えないし、触っている部分で考えて、当ててくので、自分の考えと経験で考えて想像するゲームです。
先に触った人たちの感想などを聴いて、想像して、中に入っているものが何かをあてる。
しかし、人の話をうのみにすると、ものすごい間違ったりします。
箱の中を見ていない状態で、自分の思うことを話しているだけなのにその情報だけに囚われて考える分ずれるしかない。
つまり、「摂理はカルト」という その判断・決定は、辞典で「カルト」を調べたその通りの意味・言葉が当てはまっている現実なのかどうか?というよりは個人の考え・感覚による意見であるということです。

何かキモイ。理解出来ない。=「カルトじゃね?」みたいな感覚的判断。
もしくは、価値観に合わない話・理解出来ない話が「カルト」
になっているんではないか?ということです。

意見も情報の範囲に入るのかもしれないですが、

本来、情報になりうるには「事実的根拠」があってこそ。
しかしそれにも関わらず「意見」が『有力な情報』になってしまう。。。

その理由は日本の社会で「カルト」という単語が周知されたオウム真理教の事件によるところが大きいと思います。

若い人・大学生が多い。女性が多い。
あれ、あれに似てない?・・・
あれと同じなんじゃない?恐い。関わらないほうが身のためだと
そういう判断されることもあるのではないかと。
火がないところには煙が立たない。といったことわざもあり、
そういった推量・憶測で自分は関係しないように気を付けようという自衛手段なのかもしれないですが、
摂理脱会者の「個人的意見」が、自然に事実のように認識され「情報」としての機能を果たされる構図が成り立っているように思います。

「摂理カルト」報道の実態

当時、わたしは摂理の礼拝に出始めて2年たつかどうかぐらいでした。

当時、集まりをしている時に、
アポなしでカメラまわしながら、室内に入ってこられるマスコミの方をみて
人権も常識もないことに唖然とするしかありませんでした。
また、道に待機して、礼拝に向かう歩いているメンバーに向けて
カメラをまわしているのですが、着飾った感じの女性だけ撮って、ラフな格好の女性は撮っていませんでした。
そして男性と女性グループがいるならば、女性だけ撮っていました。
撮るだけでも、事実が歪曲されているので、おそらくもっと実状とかけ離れた放送内容となるだろうな~と思いましたが、案の定でした。

同じ空間に男性陣と女性陣それぞれ普通にいたのに女性だけを集めているような映像になっていたり、
頭がおかしい団体のようにしか見えない編集のされ方に
これがメディアバイアスなのか~と体感しました。
わかり易い説明サイトはこちら⇒メディア・バイアスとは

短大で情報文化・マスメディア、メディアリテラシーなどを学び、新聞や放送局の情報も事実ではない情報を発信していることがあるから気を付けること!と学びましたが、まさか被害者になってこれか~と体感するとは思いもよらなかったです。
まさに晴天の霹靂。。。

カメラって写したいところだけ写せるし、後でテロップや音声でいくらでも加工できるし、どうにでもできる。
事実を報道するというよりは、世間を騒がすように作る事、視聴率云々、自分たちの利益が目的なんだな~。
悲しい現実を見させてもらいましたが、その悲しみをバネに今の時代はスマフォで簡単に撮影ができるので(*^。^*)
今度は撮影しかえしちゃおうと思います。(*^^*)

マスコミすべてそういう方々ばかりではないと思いますが、
摂理はカルトだという認識が定着された10年前の残念すぎる報道は利益が目的の報道だったんだろうなぁと思います。

逆に摂理脱会員の方が記事を書かれている方の目的は一体何でしょうか?

人生長そうで長くないですし、時は金なり。時間の尊さを考えると、おかしな宗教団体と思うならば、放っておいて自分は自分の行きたい道を行くほうが有益ではないでしょうか。

そのほうがより建設的に時間を使えるのではないかと思うのですが、スマイリーキクチさんの事件を通して理解出来るようになりました。

キクチさんが突然、事実無根の「殺人犯」にされた事件とは、1988年〜1989年に東京・足立区で発生した「女子高生コンクリート詰め殺人事件」のこと。全く無関係であるのにもかかわらず、2ちゃんねるや個人ブログ、Yahoo!知恵袋などに書き込みは続き、ようやく2009年になって、書き込んだ19人が摘発された。2011年には、10年間の戦いをまとめた「突然、僕は殺人犯にされた」(竹書房)を出版している。今もなお、殺害予告、中傷はやまない。いまだに事件との関連を示す「根も葉もない情報」はネット上に漂い、殺害予告は、1年に1度くらいはあるそうだ。今年2月にも、ブログのコメントに「殺すぞ」などという殺害予告が投稿されたことを受け、NHKの番組への生出演を取りやめた。

「やっていないことを証明することは難しいんです。
一度でも『黒だ』と言われてしまうと、言われた側が事実無根だと証明しようと、疑いは晴れないんです。
ネットでは、一度疑われると何をしても黒、あるいはグレーになる危険がある。」
弁護士ドットコムより

キクチさんが「殺人犯だ」と書き込みをした方々は一様に「正義感でそのように書き込みをした」と語っていらっしゃるそうです。

しかしその書き込みによって、キクチさんが出演する番組やCMにクレームがよせられるのは、明らかに営業妨害の原因になるのでは?とおもうのですが、その事実なしの正義=中傷はまるで「正義」としてまかり通ってしまうかのように処罰されていないそうです。そのため、ネットの恐ろしさについてキクチさんは講演活動を全国回られながらされています。
18年に及ぶキクチさんの被害は今なお続いているという話を聞いて驚愕しました。

キクチさんの事件記事を通して「摂理脱会員の方が記事を書かれている方の目的」も、もしかするとそういったある種の「正義感」なのかもしれない。
そう理解出来るようになりました。

摂理から出ていく人がいる理由は様々あることは確かだと思います。
摂理にいる私たちが直すべきこともあるのではないかと思います。
でも、私たちをカルトだと言わしめる物事は、「ない」と断言できます。

もし摂理において、洗脳が有ったり、先生を教祖として盲目的に信じたりしているならば、私たちがもっと話すことが常軌を逸していても不思議ではないでしょう。
この私を見てくださっても明白ですが至ってヘイヘイ平凡、ヘイボンボンな私です。

もし、カルトならば、それこそ洗脳するために監禁するんではないでしょうか。

そして、「摂理はカルトだ」と言っている方々に暴力を行使したりするのではないでしょうか。

しかし、笑えないことに監禁されるのはむしろ摂理の会員でだったりします。。。

摂理はカルト団体でヤバイところだ。という映像を見せられた大学生の子が
(その子は神様を知ってから幸せになりました~とすごく喜んでいたのですが)
その映像が恐すぎたそうで、一時「もう連絡取りたくありません。」という一言もなく、一気に遮断されました。。。。

ふと、この件とオレオレ詐欺とがよく似ていると思いました。

先輩のおばあ様のおうちにオレオレ詐欺の電話がかかってきたそうです。

「でも、うちおばあちゃんって気が強いから(^_^;)
『アタシにはね、小遣いくれても、金をせびるような孫や息子なんて、いやしないよ。』って言ってガチャ切りしたんだって(笑)」

下町で生まれ育った気風の良い江戸っ子のおばあちゃんの素敵な切り替えしに感嘆しましたが、

このように「虚像は虚像」だと、判断するか否かはやはり、本人次第です。

摂理がカルトなのかどうかの判断も、それに尽きます。

確認する方法の一つとして
ぜひこのサイトやほかの摂理ブログ摂理公式サイトなど確認していただいたり
摂理の人達と実際やりとり(質疑応答等)をして確認してみることをご提案いたします。

脱会者の存在

「自主脱会に成功した」とか不自然な「脱会」という単語を使われることにも、非常に実状とそぐわない単語表現でその言葉からして本当に会員(メンバー)だった時があったのかな?とちょっと怪訝に思うところがあります。
なぜならば脱会というほどの集団としての縛りが全くないからです・・・(^_^;)
参考記事⇒いつでもできる事。>脱会:「摂理やめたい」を実行する件
むしろ、摂理のメンバー(会員)からなんらかの被害(心理的不快・心障)を受けたとか、
摂理にいて嫌な思いをしたということを伝えたくて、そういう特殊な単語を用いて表現をされているのかもしれないですね・・。

摂理から出られなかった学生の話

宗教に物凄い抵抗があったけれど、御言葉を聴き、礼拝に出るようになった大学生の男子がいました。
同じ時期に礼拝出るようになった友達がその子は摂理が悪い団体だという情報を聴いたことから、摂理から出て行ったことを期に、
「摂理が先生が本物なのか、それとも摂理を外から見て悪く言う人達の話が正しいのか確認しよう」と思ったそうです。

どうやって確認をしたのか?

先生が手で説教の原稿を書かれるので、先生がされていることを自分もしてみたら本物かどうかわかると思って試したそうです。
先生は食べる時間も削って原稿を書ているので、ご飯を食べないで、先生のように正座で原稿を書き写したそうです。

手がどれだけ痛いのかわかったし、おなかがすくから目が回るし、足もしびれて感覚がなくなる。
それを通して、先生がどんな思いで原稿を書き送ってくれているのか、その心情と愛を感じたそうです。

泣きながら、言っていました
「先生のことを悪く言う人にもし会ったら話そうと思う。
先生がされたことを実際やってみてから言ってみるがいい」
と。

また、新社会人になった女性青年部のメンバーの子、
摂理カルト宗教対策的講習に幾度となく強制受講させられる大学4年間を過ごしたという経験があるのですが、
最近、ようやく社会人生活に慣れてきた~と近況を話してくれる中で

「どんな環境状況でも感謝する先生の精神を思い出して生活しているから乗り越えられるんです。」

チョンミョンソク先生から教えてもらった
成功する生き方・精神で厳しい世の中に対処できると言っていました。
彼女は、シフト性の勤務のため主日礼拝に参加できない状況なのですが、そのような中でこの一言を語るって・・・
と目頭が熱くなりました。職場の人からは「前向きだね!いつも笑顔だね!!ってよく言われます。」とのことで、非常に素敵な社会人として光放ってそうです。

摂理がカルトではないという『事実的根拠』とは・・・

その子は、先生がされている事を実際、行なってみる。という事をとおして、
想像を超えて存在する愛を悟って、摂理はカルトではないという判断に至りました。

私が摂理はカルトではないと思う根拠も同じです。

私は今、摂理の教会がない山梨にいますが、山梨が好きでいるわけではないです。
苦しくて、悲しい思い出の方が多い場所です。
毎日怒鳴り声があって、自分も毎日自暴自棄して、終りがない我慢大会みたい。
逃げ出したいけれども、行く場所がなかった若い頃を思い出します。
希望が見いだせなかったです。

考え自体が問題だとわかってはいましたが、「悪い考え」の直し方、捨て方を知りませんでした。
心理学の本を沢山よんだり、心理カウンセラーの先生に相談したり、精神的な問題かと思って精神科を受診しようとしました。しかし「あなたは自分のことをまだ客観的に見れているから、薬とかを出すような段階ではない」と言われました。ものすごい苦しいのに、どこいったら直るのか?
自分で自分を否定する、この悪い考えはどうしたらなくせるのか?本当に途方にくれました。

そういう私が、聖書を摂理で学んで、実体的な信仰とはなにか?を
メンバーと交流したり先生の説教や生き様を知るようになって
「神様を信じて御言葉を行なってみる」ということで
「自分はダメだ」という考えに生活の中で徐々に亀裂が入って壊される分、
「自分が今存在していることが、貴く貴重なのだ」ということが少しずつ取り戻されて行きました。

先生が今までされてきたこと、今受けている濡れ衣・誤解を考えると
先生にやりきれない無念な思いが多いと思います。
しかし、一番先生つらいはずなのに、逆にいつも心配してくださったり、励ましてくださったり、
希望と力を与える御言葉・神様について教えてくださっています。

先生が無理矢理そういう人生を生きているかというと、そうでもなく、
神様がどうしたら喜ばれるか、どうしたらより神様の喜びになるのか研究し、次元を上げ続けています。無から有を作り出す精神。その根本は、ひたすら神様への感謝と愛。

先生がご自身の故郷を今は世界中から人が訪れる場所になるよう開発されましたが、先生が若いころは逃げ出したくなるような場所だったと話されていました。
想像を絶する貧しさと、環境。
その中で人生の問題について先生は命がけで祈って、神様とイエス様の愛をもって解かれました。
その先生の精神と先生の人生を通して語られる一言一言が、私自身の解かれなかった人生の問題に染み入りました。

そのように、先生から教えてもらったことを、考えながら、行なってみて
どれだけ本物なのかを摂理の教会が無い山梨で実感している次第です。

考えや行ないを一つずつ直して、私が変わったら、家族も以前と違ってきました。
不思議です。

自分の考えを直して行くときに答えが見つかること。
癒されるべき考えが癒されていく時に、両親に心から感謝ができるようになりました。
そして、敬えるようになりました。

自分の心が辛いとその辛さばかりに足を取られて、ずっと不平不満の心がありました。
どうしてこうなのだろうかと。

出来ないダメだ。という考えで立ち止まって座り込んでいた自分が、出来る・大丈夫だ。
と思えるようになったのは、行なった上で教えてくれるチョンミョンソク先生を知ったからです。

もうだめだ。と思って、投げたしたくなることもあったけれど、
先生が私に見せてくださった事と教えてくださった事が机上の空論ではないので、
自分も自分がすべきことをやった時、生きている甲斐を感じるようになりました。

ただ信じる事が信仰ではなくて、行なって、作っていくこと。
私が摂理で生きる理由は、生きることを教えてもらったからです。
ゆえに、摂理はカルトではありません。

事実実体験をもとにした主張です。

以上、私が申し上げたいところは、
事実とはかけ離れている編集された報道で摂理を恐れる必要はないという事です。

摂理の人々と交流し、実体を正しく把握したことがないまま、
摂理は恐ろしいところだと話される目的が何なのかがわからないですが、
多大な誤解が早く解かれることを心からお祈りします。

「摂理はカルト」という話が実際とかけ離れているのに、あたかも真実かのように情報として存在していることを通して、情報リテラシー教育があまり進んでいないということが懸念されます。
情報を鵜呑みせず、考えて、確認して、判断をすることが日本において老若男女、各自に必要ではないかと思います。

インターネットは誰でも掲載・閲覧できるゆえに、事実とは違う情報を正しい情報として処理されてしまう危険性があると授業で昔習いました。

摂理の実体・事実とは違う情報が列挙されているこの現実から
摂理は「カルトではない」のに、それがさも事実のように認識されているような現状に、不安を感じている方の心が解かれることを願って、この記事を書きました。

つまり「摂理はカルト」それはどういう根拠からの話なのだろうか?
なぜ「摂理はカルト」という話が出てくるのか?

事実とかけ離れた話が、そのままどうして認識されてしまうのか?
その理由について考察しましたが結論は、「摂理はカルト宗教である」この情報自体が、実際は「情報ではない」ということです。

摂理はカルト宗教であるという情報が
実は「情報ではない」その理由⇒情報発信者の価値判断からの意見であるから。

私だけではなくブログを書いている人たちは、摂理の実情・実体・生活が見えるように記事を書いています。
読んでくださった方、何か考えること、感じることが、なんらかあるはずです。
それがヤベーなこの人、完全に宗教にはまっている。そういう見方されるならば、
そうでしょうし、理性的かつ素朴な話なんだなと、みたまま受け止めていただける場合もあるでしょう。

自由に感じて、考えていただけたら幸いです。
自分の人生をより良く生きることができるように、
得るべきものを得られるように、良く考えて、後悔も未練もない人生を生きたいですね。

最後に、摂理のラッパーたちがシャウトしている「俺の話を聞いてくれ」をご紹介して終わります。

<LYRICS>

俺がレペゼンカルト 始めるぜラップを
今までならば 完全にアウト
覚悟は決めたぜ 社会にシャウト
ヨワイ?コワイ? そんなこともない

お化けも来ない 晴らしたい誤解
意外にあんだぜ社会性
そう話題性ならパないぜ
確かに認める 知れない得体

理解を得たい この願い
だからラップで表現 新興宗教
全部見た俺が真相言うぞ
基本的善良 されてない洗脳

みんなが意志持ち生きてて健康
血行悪くない 明るいけっこう
幻想じゃないこと ここに宣告
夢見て生きる いわゆる天国

サビ
listen to me! listen to me!
俺の話を聞いてくれ!
listen to me! listen to me!
悩みつらみも言ってくれ

I am 社会の少数派
のぞいてかない?この宗派
とにかくみんなチェキラチェキラ!
love&peaceで平和!平和!

俺はディスらねー つまり平和主義者
人褒めるラップが 俺の武器さ
誰でも持ってる 素敵な長所
に注目してあげ そこを強調

互いの価値をまずちゃんと見る
そしたら始まるラブ&ピース
心に愛の爆弾落ちる
カルトって言わず見てほしいそこを

出してくありのまま学んだことを
なってない視野狭く自分らだけに
正しいと信じる夢のために
迫害気にせずあげる雄叫び

青年の主張 盛り込む宗教
正しく知ったら 起こるぜ流行

サビ
listen to me! listen to me!
俺の話を聞いてくれ!
listen to me! listen to me!
悩みつらみも言ってくれ

I am 社会の少数派
のぞいてかない?この宗派
とにかくみんなチェキラチェキラ!
love&peaceで平和!平和!

宗教ディスられる二言目には
影響力大きいマスメディア

やっぱかけちゃうどこかで 心のブレーキ
そろそろイメージ 変えてくステージ
思うかもしれないキナ臭いと
俺が見たのは違う内容

ラップに込めるぜ 起爆材料
これからしてく情報開示
悪いこと別にしてないし
だからどんどんアピールしていこうか

払拭したい抵抗感
するわけじゃない 迎合は
ここでは一部だけの事実
ビビるんじゃない尺の問題

人間誰しも貴重な存在
それ忘れんなってのが本題
こんな感じ俺はわりと真摯
真っ向から語るぜ愛と真理

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京。信仰生活5年の時、想定外にUターンな平信徒アラフォー。中高短大山梨英和。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. キリスト教福音宣教会とは?
  2. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  3. このブログをしている理由。
  4. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. Thinking

    摂理でよく聴く単語:恵み深い。

    結構、このワードは至るところで聴くので幸せな私たちだな・・・と思うです…

  2. About 摂理

    心からAmen。

    <指導者>もついて来る人たちを見る時「一つのこと」だけを見て判…

  3. Thinking

    講師訓練に潜入っちゅーか、参加。

    摂理のバイブルスタディを伝えられる人になろうと言う志を持った若者た…

  4. About 摂理

    使命。

    使命って一体。。。って思ったことありません?わたしはあります。…

  5. つぶやき

    摂理から離れられない理由。~ある意味、脱会できない~

    たいしてとりえもなく。頭がいいわけでもなく。見た目がいいわけで…

  6. About 摂理

    社会性を学びました。>in摂理

    もともとインドアなタイプなので一日中家から出ないで部屋で本を読んでいる…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  2. イキサツ。

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  3. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  4. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  5. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
PAGE TOP