摂理の人々

摂理で「怖い」と思ったこと。

中央大学で摂理に出入りすることを止めなさいと
説得を受けた子がいる。。。

でも、摂理に通い続けていた。
そして、親にもオープンに説明してメンバーとルームシェアをしていた。

そうだよね。
何も悪いことをしていないから、ちゃんとやり取りが成立する話し合いできる親子ならば可能なのだなと思った。

その子はこうも言っていた「わたしはもう失うものはないんです。」

いろいろ考えさせられる一言だった。

失ったものがなんなのか、ちょっと聞きづらくて、いろいろ憶測してしまったのだが・・・
事実を調べようともしない一方的な大学側に対しての残念な思いなのかな~とか思ったりした。

または、全く別の意味なのかもしれないけれども。。。

 

事実を調べたり確認もせず、当事者の意思等聞こうともしない
「カルト集団」という暗黒色の色眼鏡で
摂理を見ている大学とそういう話をしてくる大人たちに怖さを感じることは、あったのではないだろうか。。。

しかし彼女は、
自分が目で見て、感じて、考えてたこと、貫いて
堂々と大学生活をして、大手の会社にも就職していった。

ちなみに、親とどんなやりとりをしているのか?と訊いたところ
「私がどんな話を摂理で聴いて、聖書を学んでいるかを知ってもらおうと思って
バイブルスタディを母に伝えてみました。」
とのこと。

信頼関係があったから、出来たことだと思うと話していた。

お母様は摂理で信仰生活をすることをまだ善しとは思っていないそうだが、
「あなたの人生だから」と言われ止められはしないと言っていた。

彼女の話を通して、いろいろと感慨深くなる。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. 胸にしみたひと言。
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. イキサツ。

    指導者が救いならば、ヤバマズイ。

    父に「長く教会に通っているから何か役職とかあるのか?」と6年くらい昔に…

  2. Thinking

    遠距離恋愛ならぬ遠距離信仰が成り立つワケ。

    所属教会から遠めのところに住んでいるメンバーってわりと普通に存在する昨…

  3. 摂理の人々

    写真家さんは見るところが鋭い。

    「摂理ぺたぺた写真日記」hanaちゃんは写真家さんです。彼女の自然…

  4. 摂理の人々

    摂理のモデルをどうみるのか。

    礼拝を捧げる講壇の準備をしている子の歩き方がとっても美しくて、作品だな…

  5. Workつれづれ

    教師仲間 その⑦ 小学校教師 さやパンダ先生

     まっちゃんの教師仲間を紹介します!第七回目は、「さや…

  6. 摂理の人々

    オモシロすぎるよつばちゃん🍀マンガ。

    お母さんのシロさんとの日常をマンガにした↓「ふたりのおいのり」…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  2. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  3. イキサツ。

    20歳のトラックドライバー、その後
  4. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  5. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
PAGE TOP