摂理の人々

日本を代表するアクティブシニアと摂理メンバーの共通点。

iPhoneアプリ製作プログラマー若宮正子さん82歳と

衝撃的な自撮り写真で世界中から注目を集める89歳のアマチュア写真家、西本喜美子さん

それぞれのご活躍、ニュースで拝見していましたが

お二人に共通している点がありました。

それは「限界がないこと」です。

年のせいにしない。
周りのせいにしない。
自分には出来ない。という考えがない。

何かの縛りがないのです。

限界線とは結局、自分が自分を縛る考えがある時に出てくるなぁと

ソレを、ぶっ壊す機会をもらう度に、しみじみ思ったものです。

がんじがらめの否定的な考えがものすごい強固だった私は、
自分にはできない。無理だ。
と、言う考えがひどくなると、
自分は社会に出ても何の役にも立たない。
というか、生きていても、しょうがない。
そんなことを常に思っていたくらいでした。

そんな私が絶対やる訳がないサッカーをやってみたり
到底するはずがない演劇をやってみたり
さまざま人生の中で避けて来た事柄を
キリスト教福音宣教会-摂理で挑戦するようになったんですが、

ここ摂理の良い所は、下手かウマイかよりは
内面の成長を重視していることでした。

いかに、自分の中にある無くしたほうがイイ否定的な考えをなくせるか。

相手のせい、周りのせいにしても
自分を卑下しても、
何も変わらないということをよくわかっていても
どうしたら、自分を縛る考えをなくせるのか?が分からなかった私には
「神様の視点」で見るってことが、ものすごい新しかったです。
そして、その新たな視点に重きを置く分、楽しく、おもしろく限界を超えられるのが今まで知らなかった最高の感覚でした。

しかし、できないこと
何より出来ないって思い込んでいることを
出来るようにするというか、やろうと思うところから始めるのはけっこうしんどかったのはありました(^_^;)

でもその分、変化は天と地の差というか、まさに新しい自分になるしかないので
それを味わう分、毎回訪れる葛藤は「生みの苦しみだ!陣痛がまた来てる!」みたいな感じに徐々に捉え方が変わりました。

世界が注目するアクティブシニアのお二人と近い感覚を持てるようになったこと
とても感謝しています。

というわけで、わたしの今後の展望は明るいなぁと余生?をワクワクしています。

お二人について知る事ができる記事はこちら⇒82歳プログラマーと89歳写真家 100年を幸せに生きる極意(産経ニュース)

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. キリスト教福音宣教会とは?
  2. 胸にしみたひと言。
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. このブログをしている理由。

関連記事

  1. 摂理の人々

    洗脳なのか変化なのか。

    摂理のバイブルスタディを聴いて、どのように心と考えが変化…

  2. news

    空飛ぶスパゲッティーモンスター教の存在から得るもの。

    アメリカに「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」という団体があるとちらほ…

  3. 摂理の人々

    摂理のリアル女子。

    今年から始まった東京の摂理教会女子5名のメンバーによる摂理…

  4. 摂理の人々

    信仰の友だちGET★オーストラリア

    先日、お師匠の故郷「月明洞」に行った時、沢…

  5. イキサツ。

    私が出会った摂理と韓国。

    私が初めて韓国を訪れたのは高校生の修学旅行でした。当時は、2002…

  6. feeling

    カッコよさの真髄をみたよ。

    今日は思っても見なかった機会を頂いた日でした。いつかお会いした…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  2. イキサツ。

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  3. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  4. イキサツ。

    20歳のトラックドライバー、その後
  5. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
PAGE TOP