Power of God's word

罪と雨と人生

 

梅雨があけない日々・・・

雨模様の空を見上げながら、

先日ライブで聞いた話が頭に浮かんだ。

 

「あいにくの雨とよく言いますが、私にとっては喉が潤うので雨は嬉しいです。」

「同じ雨でも、考え方によってとらえ方が違いますよね。」

 

その話を聞きながら、そうだなと思った。

 

雨の日は、傘をささないといけないし、濡れるから、

あいにくの雨」とまっちゃんも思っていた。

 

でも、旱魃で苦しむ人には恵みの雨だし、

真新しい傘を買ってもらったばかりの子には喜びの雨だ。

 

お師匠は、「」をどのように表現されたか?

一つの詩を紹介する。

 

雨1

@www.fixabay

 

「罪と雨と人生」

 

差していた傘を放り投げ
お前、雨に散々打たれながら
果てしなく歩いた

雨6

@www.sakoda-dc
この世の生活に汚れたあらゆる
墨よりももっと黒い罪を
きれいに洗い流してしまいたくて

雨7

@topicks
滝のように降り注がれる雨に 
一日中打たれた

雨8

@sms1994

 

 

春雨は罪の垢(あか)をふやかし

雨4

@timekomi

 

 

夏雨はその分厚い罪の垢を洗い流し

雨3

@matome
秋雨は深く染み込み良心の罪を洗い流してくれるのだな

雨5

@blog
そうして、冬山を超えていき白い雪となってこんこんと降る

雪

@itijikurin
大地を白く覆うあなたの姿は
春の間 夏の間 秋の間
体と良心の罪をきれいに洗い流した人々の
白い心のようだ

雪1

@matome
創造主が私に万物を用いて
このように比喩なさるのだな

@www.god21.net

 

 

 

 

この記事を書いたブロガー

まっちゃん
大阪教育大学卒。小学校教師。
大阪(在住)と佐賀(実家)をこよなく愛するグルメ好き。
最近のお気に入りスポットは梅田。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. このブログをしている理由。

関連記事

  1. Power of God's word

    力が出ない時にどういう実践をすべきか?の答え。

    この一言に尽きる。と、この動画で思いました。ち…

  2. Power of God's word

    個性が何なのか分からない人に答えになる知恵の一言。

    私自身がまだ自分の個性とか自分の良さとか分かっていないのでこの動画…

  3. Thinking

    繊細さじんわり。

    運転免許更新にて講習を受けた。ただテキストを読むのではなくて、…

  4. Power of God's word

    職場のイジメを通して得たこと。

    東京で暮らしていた時、私は派遣社員としていろんな場所・会社に勤務をして…

  5. Power of God's word

    確認 3

    「確認」シリーズ 第三弾!御言葉の中で…

  6. Power of God's word

    自分を嫌いだなと思う時、それは変われるチャンス。

    自分が自分こと、嫌いだ。ひどい奴だと思う時、昔はひたすら自分を痛めつけ…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  2. イキサツ。

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
  3. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  4. イキサツ。

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  5. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
PAGE TOP