ひとづきあい。

「ありがとう」はどこから生まれるのか?教えてもらった話。

私の業務はひたすら質問を受けて、回答をする内容。
なので、重複する質問が頻発することもしばしば。
しかし、質問者はまったく別の方。
1日に同じ質問が10回続いても、その一人ひとりは性別も年齢も性格も状況も十人十色。

正直、私サイドの話だと、「またこの内容か~」とげんなり気味になる。。。
でも、お客さんにとっては、そーではない。
この感覚の溝が大きい時がしんどくなる。。。
その瞬間、神様が悲しい気持にさせる私になってしまう。。。

先生だったらどうするんだろう。。。
いつも神様に感謝しているチョン・ミョンソク先生の姿を思い出し、考えてみた。

どうしたら感謝を心からできるようになるのか?

「自分の視点ではなくて相手の視点に立てるような努力したのかな?」
聖霊様の問いかけが心にそよ風のように私の心に入ってきた。

していない。しんどいわ~という自分の思いにどっぷりつかっていた。

先生だったらどうするだろう。。。

先生は一人ひとりを神様の宝だと思って接してくださる方。
わたしは先生にまだ直接会ったことがないけれど、そういう先生だと思っている。
どうしてそう確信するのかというと。
以前私は先生のお母様にお会いした事がある。
その時、先生のお母様は私に握手をしてくださった。
ご高齢でありながら、熱く力強い心のこもった握手に先生はきっとこういう方なんだなと思った。
何人いようが、適当にしない。真心と真実さで接してくださる方なんだなと。

それを思い出した。

話の内容をみるのではなくて電話の向こうにいる方の心に会うようにしようと思った。
どんな心で話されているのか、そこに集中してみるようにしてみた。
緊張されているのかな?お忙しいのかな?
少しでも話せて良かったと思ってもらえるにはどうしたらいいだろうか。。。
など、回答をすることを目的にしないで、対話の意識を変えてみただけだが
お客さんも私も、よかったと思える対話ができるようになった。

この仕事を通して私の良くないところを直したり、
知るべき必要なことを教えて下さり学ばせてもらえること神様に感謝する心が戻ってきた。
神様の前にふさわしくなれるよう、考えの姿勢を直すことができた。
感謝は、相手がいて自分がいて、一対一。
その価値を貴く思うことから始まるんだととも思った。
悟らせてくださった聖霊様にまた感謝。

先生のような感謝をもっとできるように、
心があったかくなる先生の感謝する姿にもっと近づけるようになりたい。

この経緯を得るようにして下さった御言葉↓

「接し方によって『取るに足りないように』あるいは『より貴重に』使うようになります。」
「接し方、使い方によって運命が左右されます」
2016年6月5日主日の御言葉
「<人間>もどう接し使うかにかかっているし、<環境>もどう接し使うかにかかっている」より

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. このブログをしている理由。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. ひとづきあい。

    ぶっちゃけ。

    メンバーから言われた言葉で傷ついたこととか、苦しくなったこととかあ…

  2. ひとづきあい。

    問題の答えは自分の中にある。

    私はどうしても引っかかったところや、自分が納得できない、理解できないと…

  3. ひとづきあい。

    お前はもう死んでいると言われた女。

    その敵意どうして?と思う目にあうと、不覚にも涙目になるか、血気出し応戦…

  4. ひとづきあい。

    失敗、転じて人となる。

    私が失敗するときは、はっきり言って必ず共通しているのは自己中心的な…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
  2. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  3. イキサツ。

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  4. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  5. イキサツ。

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
PAGE TOP