どーでもいいハナシ

氷点下でちょうどよく過ごせる装いとは。

寒いと悲しくなるし、体温2度下がると風邪を引く(体調を崩す)という話もあるんで、
自己管理のために厚着・重ね着しています。
しかし、私の厚着はちょっと度を越しているようです。
でも冬のウォルミョンドン-自然聖殿で過ごす場合の参考になることも
あるかもしれない・・・のでご紹介。

<ボトムス系>
ヒートテックのジャガーパンツ
ヒートテックのレギンス
ヒートテックのタイツ
ヒートテックの靴下

<トップス系>
ヒートテックタートルネック
ヒートテック極暖タートルネック
ウール100%タートルネックセーター
ライトダウン
ダウンコート

それぞれ、を身につけます。
全部です。
ちなみに頭部は言わずもがな、毛糸(ニット)の帽子です。
なぜ毛糸(ニット)の帽子か?
それは、耳までカバーできて一石二鳥だからです。
かぶり方で印象も変えられるので冬のファッションアイテムとして優秀な小物だと思います。
帽子は好きじゃないのよね。というかたは、耳あてを推奨いたします。
寒いと耳がちぎれるように痛くなりますので(^_^;)備えるに越したことないですよ~

あと手袋。
これは、ニットよりは、ナイロン系の素材の方が寒気を遮断するので
スキー・スノボーなどのグローブがちょうどいいと思います。
わたしは、ニットの手袋とナイロン系の手袋とアームウォーマーの3段階仕様で
状況と温度によって付け替えて過ごしました。
かさばるっちゃかさばりますが、使い分けができるのがメリット。
今回はこれでちょうど良いと思いました。

あと、あったらイイモノ!とのしては
ひざ掛けになるストール。
ストールの種類はいろいろありますが、持ち運びと温かさ的にNICEだったのがダウン素材のストールです。
https://image.rakuten.co.jp/candymitt/cabinet/neck/nc003.jpg ←これはマフラータイプですけれども、これのストールorブランケット版みたいなものです。
コンパクトにできるし軽いし、持ち運びにとってもいいです。

書いていて自分重ね着しすぎ(^_^;)と思いましたが、
ウォルミョンドンの氷点下の自然聖殿で祈るにはこのぐらいがちょうどいいと個人的には思っています。
寒くて凍えるという事態が起こらないです。
めっちゃ寒い!!!という時は背中と腰にホッカイロを貼るとヒーターみたいになります。

自然聖殿へ向かうまでに長い坂道がありますが。
それを上がる中でかなり汗が出てくるので
坂道上がりきったところでライトダウンを重ね着したほうがいいかもですね。

以前よりランニングし始めてからは冷え性が少しだけよくなったのですが、
代謝がよい人に比べるとまだまだなので、
重ね着の組み合わせを今もなお、いろいろ研究しています。

ヒートテック普通版を2~3枚重ねて着るよりは
ヒートテック普通版とヒートテック極暖それぞれ1枚で着るほうが過ごしやすく、温かさもこちらの方がイイと思います。
ヒートテックの上にウールセーターを組み合わせるとかなり温かいです。
(冷え性の私比率なので代謝がイイ人はあまりというか、まったく参考にしないでください)

ウォルミョンドンで11月中旬ごろ散策する場合、曇っていると結構、寒い!と感じました。
先生は、防寒対応の服を着ることなく雪山の中祈ったり、
明け方、氷を割って冷水(というよりは氷水)を浴びて祈りに行ったというから
すさまじい切実な祈りだと感服します。。。

ちなみに、肌寒い散策には
ヒートテックと極暖ヒートテックとセーターとライトダウンとダウンコート
の組み合わせで歩くと熱くなるので、ライトダウンを収納し
休憩やお祈りをするときはライトダウンを取り出すとか自在にするとちょうどいいと思いました。

そんなに着ているの?!と
宿が同室だったまっちゃんから驚かれましたが
たしかに、書き出してみると、自分ユニクロのいい顧客だなと思いました。
毎年買い足しているし。
今年ユニクロのヒートテックは15周年とのことで今まで集大成のような出来を目指したとか広告にありましたが
たしかに。
今年の極暖の出来栄えは秀逸です。
1枚でかなり温かく、布の触感も前回の極暖より今回の方がなめらかで素敵。
もう1枚さらに買っても良いなと思っています。

っていうか、氷点下の屋外で何やってんの?と思われるかもしれないですね。。。(^_^;)
教会でお祈りするようにお祈りしたり、賛美したりしています。
自然聖殿の良さがあるんですよ。
私の母も「神様を感じる」と自然聖殿が一番好きだと言っていました。
そんなわけで決して罰ゲームとかじゃなく、自らしたくてしているので、自己責任なので体調管理厳重にということで
厚着を徹底しておるのです。

ウォルミョンドン2月などは本気な氷点下だそうですよ。
鼻毛・まつ毛が凍って白くなるとか
鼻水が凍るとか。
まさに、バナナで釘が打てる世界になるようです。
スゴそう!!

その時期に行ったことがある人は一様に
「ヤミツキになるよ」と言っています。

私もそうなれるか分からないですが、興味があります。
もし体験した際には、2月の時にはどのような装いが有効かなどを
またレポートできたらと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. キリスト教福音宣教会とは?
  2. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  3. このブログをしている理由。
  4. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. どーでもいいハナシ

    ホラと嘘のちがいはね。

    祖母はよくウソをついていて(彼女の中では事実になっている場合なのかもし…

  2. どーでもいいハナシ

    八王子の「鯛八」攻略案を思いつきました。

    30分その場で待つことを工夫して過ごすのもいいかもしれないけれど、…

  3. どーでもいいハナシ

    逆境でも咲く花、実る実からおもうこと。

    パクチー(コリアンダー)がめっちゃ好きなので種を蒔いて新鮮パクチーを食…

  4. feeling

    一日を生きたら、何を得たのか振り返ってみよう。

    今日は父のことを改めて嫌いだと思ってしまった。手をちゃんと洗わない…

  5. どーでもいいハナシ

    山梨弁にあらず、甲州弁なり。

    ときどき、県外の方に「やまなし弁」と言われるのですがNO!と思…

  6. どーでもいいハナシ

    霜柱っていったら鬼滅を思うだろうな。

    3か月間、ほぼ電車通勤だったので駅まで朝25分ほど走ることが日課として…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Workつれづれ

    20歳のトラックドライバー、その後
  2. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
  3. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  4. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  5. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
PAGE TOP