つぶやき

コワイを克服すること。小さなせんせいに教えてもらいました。

春爛漫。

さくらの開花を楽しむそんな今日日。

ひさしぶりに山梨をおとずれた姪っ子と公園に行ってきました。

前回あった時より頭一個分大きくなった姪っ子。

彼女は力が有り余っているらしく、家の中でのあそびだと限界がある模様。

ということで、山梨県下では遊具数NO.1といわれている「みだいみなみ公園」に行ってみたのでした。

しばらく来なかったうちに、遊具が入れ替わっていて、対象年齢は12歳までと明記されていました。

なんと。。。わたしここのザイルクライミングを楽しみにして来たのに。と、残念さハンパない。
そして、ザイルクライミング自体のサイズも前と比べて少し低くなっていました。

そういえば、大きなお兄ちゃんが面白がってぴょんぴょん飛び跳ねて揺らされたなぁ。すごくこわかったなぁと、小学生の時分を思い出しました。。。
そんな過去が思い出されたので安全に楽しめるように変わったのねと納得。

公園内の立て看板にも「中学生以上の方は小さいお子さんにぶつからないように配慮をおねがいします」というような案内がありました。

というわけで、お子様たちは各々のびのびと遊具で身体能力を高めるような遊び方をしていました。
姪っ子もたがわず、彼女は「こわい!こわい!」と連呼しながらも、ママのアシストナビをもらいながら攻略。

コワイって言いながらも、突き進むんだね。。。不思議。
そう呟いたら、妹が「そう、挑戦していくんだよね。恐いんだけれど、前に行きたい!そういう気持が強いみたい。」
母親の見解を述べてくれました。
念のため、当事者にインタビューしてみたところ「んとね!こわかったけれどね、こっちゃんの足がするする~ってできたの!たのしかった!」とのこと。

なるほど。
前に行きたい。
その気持ちが「出来る」っていうゴールにたどり着くのだね。出来ないコワいじゃないんだ。

不安は、目的地を見失わせる。
不安よりも、目的地を見つめるならば、闇雲な恐れに足を取られないのだ。

「大胆であれ。」
って、そうかやっぱりこういうことなのだと、教えてもらいました。

やはり幼子は天国に入れるんだなぁ。
そんなことを実感した公園日和。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. 胸にしみたひと言。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. つぶやき

    ハンドベルをひさびさに聴いた。

    山梨英和はミッション系の学校なので聖歌隊がある。聖歌隊はハンド…

  2. つぶやき

    みんな?大好き?富士山。

    やまなし故に、富士山はけっこう見えます。最近は静岡県と山梨県で「フ…

  3. つぶやき

    拝啓、パトロール!に敬礼。

    最近、わたしは山梨県警にたいして好印象を持っております。それは…

  4. つぶやき

    かかとが割れた時にはコレ。

    季節の恒例のごとく冬になると、かかとが割れます。…

  5. つぶやき

    今は祈るばかり。。。

    あまりにも目を疑うような有様を見て、心が揺さぶられています。地…

  6. つぶやき

    たしかに成されたこと。

    冬の大地の様な凍った心に、春の様な日差しのように心に響くことば。「…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  2. イキサツ。

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  3. イキサツ。

    20歳のトラックドライバー、その後
  4. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  5. イキサツ。

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
PAGE TOP