つぶやき

報道と恐れの因果関係がなくなる日を願って。

私はなんでもないただの小国民ですが、メディアの暴力を体験したことがある、ある種の被害者です。
「摂理はカルトだ」と断定される方々の声、その話だけを取り上げて、断片をつなぎ合わせて加工された映像がまことしやかに流され、それに見合った話しか報道されなかったあの時。アポなしで教会に押し入って映像を取られるという体験したことがあったり、

どこの放送局も同じことしか報道しないその恐ろしさ。
それが事実として受け取られてしまうその恐ろしさ。
報道ってこういうものだったの?という悲しさ。

味わいました。

報道が映さなかった部分。
映そうとしなかった部分。

悔しさ、悲しさを分かって頂けないとしても、
映されなかったその事実を
知っていただけるように、
少しでも、なんらか伝わるように
それだけを考えて今もこのブログを更新しています。

私自身は、今も昔も、足りなさすぎる小さな人間です。
申し訳ないばかりで、生きていてもあまり役に立てることはないそう思えるくらいです。
しかし、死ぬことよりも生きること、希望を持って生きることを教えてもらったのがここ、キリスト教福音宣教会-摂理でした。

創始者チョンミョンソク牧師が10年の刑期を終える今、いろいろと動きがあるであろうと思っていましたが
台湾のメディア大手新聞社が恩師を取り巻く韓国メディアと司法の問題点を報道しました。

記事全体を日本語訳されたもの「鄭明析牧師10年 鉄のカーテン逆境学ー台湾有力紙 新新聞に掲載
一読していただくとメディアとして質がいいのか?
それとも、偏っているのか?
読者(情報の受け取り手)が考えることが出来る記事内容だと思います。

メディアって、こうあるべきなんでは?

率直にそう思いました。

日本はすでに後進国になってしまっているのかもしれない?
この不安が、ただの取り越し苦労、無用の心配であってほしい。

というか、
読者が判断できるような情報を提示するこういう報道が日本にもあってもいいよね?
というか、あってほしい。

そういう思いが湧き出て来てしまうのが、私だけではないはず。
この小さなつぶやきが、どうかしかるべきところに届きますようにと祈りながらつぶやきます。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. このブログをしている理由。
  2. キリスト教福音宣教会とは?
  3. 胸にしみたひと言。
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. つぶやき

    人は気分で死に、生きるってしみじみ思うわけです。

    一日を振り返ってみると、自分の気分をどのくらい調節できたかな~とあ…

  2. つぶやき

    辛いとかんじるときに考えた事・・・。

    生きていると当たり前ですけれど、嬉しい時も悲しい時もありますね。…

  3. つぶやき

    ランニングを続けると何が変わったか?

    家族や親戚から、部活に入るならば体育会系がいいよと進められつつも完全に…

  4. つぶやき

    宗教の団体行動ってキツイとおもったという話。

    摂理にいて、信仰生活をしながら、社会生活をするから大変。という話が…

  5. つぶやき

    赦すことは自分にはできない。

    コロナ対応における母との確執は、まだ続いてます。なにより今回に…

  6. つぶやき

    悪口言われて、気づいたハナシ。

    非常に頑張っていらっしゃるというか、この人以上に一生懸命な方はいないだ…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  2. イキサツ。

    ピアノ講師から転換!次の道は?
  3. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  4. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  5. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
PAGE TOP