news

熊本地震その後 水源が枯れる

日本の中でも、地下水が豊富で別名「水の国」と言われる熊本県。

2016年4月14日・16日に突然襲った震度7の地震で、その「水の国」が変動している。

熊本県には、多くの水源がある。

その一つの「塩井社水源」。ここは、百年を超えて地元の人々が使い続けた水源だ。

地震までは、写真のように水が満ち溢れる豊かな水源地だった。

塩井社水源

@minamiasokanko.

しかし・・・・

4月16日の震度7の地震後、塩井神社にある塩井水源は完全に枯渇した。

驚くことに、写真の男性が挙げている手の位置まで地震前までは水があったそうだ!

枯渇1

枯渇した水源@www.jiji.com  

深さは2M、幅は35Mもある水源が、地震で崩壊した神社の社の横干上がってしまった

崩壊したのは神社の拝殿で、原因は崖崩れだ

今では、底に阿蘇山火山由来の溶岩が見えるほどだ。

この塩井水源の湧き水は、震災前は神社北側の山を通り、神社の森から毎分5トン1日7200トン流れだし、飲み水や農業用水として利用されていた。

 

生活用水の8割を地下水から補っている熊本県民としては、自分たちが住む地域の水源の枯渇はかなり痛手だ。

しかし、以前と変わりなく水が沸き上がる水源もある。

もっと東へ行った所にある「白川水源」も、市内の自噴井戸も、溢れるほど水が噴き出している

全ての水源が枯渇したわけではないようだ。

専門家は、地震で地中の変動があったのが原因ではないかとみている。

 

水

@viewars.biz

人間にとってなくてはならないものの一つが「」だ。

体内の70%以上が「水分」でできている私たちにとって、「」があるかないかは枯渇問題である。

 

溢れるほど水を使うことができる現状を感謝しつつ、被災地でも水不足で苦しむ人が出ない事を願うばかりだ。

 

 

 

 

 

この記事を書いたブロガー

まっちゃん
大阪教育大学卒。小学校教師。
大阪(在住)と佐賀(実家)をこよなく愛するグルメ好き。
最近のお気に入りスポットは梅田。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 大阪でおススメのパフェ屋 nana’s green tea
  2. 教育現場の叫び 過労死ラインの労働時間
  3. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  4. キリスト教福音宣教会とは?
  5. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. news

    ルーマニア 汚職免罪抗議デモ 50万人

    世界 国政に対するデモまとめ…

  2. news

    「人の生」~霊感の詩より~

     先日起こったアメリカの銃乱射事件の犯人の動機が迷走している。…

  3. news

    ノーベル賞 「医学生理学賞」大隅良典(東工大栄誉教授)

    今日の18:30頃、家族でご飯を食べながらニュースを見ていたら、トピッ…

  4. Thinking

    強姦罪110年ぶりの改正、「強制性交等罪」の成立より性犯罪被害者と加害者を考える。

    6/16の国会にて、約110年ぶりに強姦罪の改正がなされました。今…

  5. news

    【国防問題】北朝鮮ミサイル4発 日本射程距離

    北朝鮮は6日午前7時34分、同国西岸の東倉里(トンチャンリ)付近から日…

  6. Thinking

    「セルフメディケーション税制」start。

    家計のやりくりの足しになるかも!な、セルフメディケーション税制。「…

  1. Thinking

    福岡で開花〜さくらさく
  2. Thinking

    摂理好きチーナの想い出 ーピアノー
  3. Thinking

    小学生あるある 自転車をこいでいたら・・
  4. Workつれづれ

    桜散る季節~時は一瞬で過ぎ去る~
  5. Thinking

    温めるとたしかに良い。
PAGE TOP