news

 「ハンバーグが餃子になったって、別にいいんじゃないか?」>注文をまちがえる料理店から学ぶこと。

ホールで働くスタッフ全員が認知症という「注文をまちがえる料理店」

プレオープンではお客さん3人に2人には何らかの間違いをしたけれども、9割以上が「また来たい」という好評価。

その魅力はなにか?という記事を読みました。

「「注文をまちがえる料理店」、9月実現へ 間違えても笑顔が絶えない魅力とは 一般向け営業めざし資金募集」

「注文をまちがえる料理店」は、テレビ局ディレクターの小国士朗さんが発起人であり、
認知症介護の第一人者である和田行男さんが実行委員長として実施する企画とのこと。
5年前、小国さんが和田さんを取材するために訪れていたグループホームでその日、認知症の入所者にハンバーグを作ってもらう予定が、食卓に並んだのは餃子だった出来事がきっかけだそうです。

「あれ、今日はハンバーグでしたよね?」。そう言いかけた小国さんの脳裏に、こんな思いがよぎった。
「ハンバーグが餃子になったって、別にいいんじゃないか?」
「誰も困らないんじゃないか?」
「おいしければなんだっていいんじゃないか?」
間違いを指摘することによって、料理を作ったおじいちゃんおばあちゃんたちが築いている「当たり前」の暮らしが台無しになる気がしたという小国さん。その時、「こうじゃなきゃいけない」という固定観念にとらわれていた自分に気が付き「注文をまちがえる料理店」というコンセプトが浮かんだ。

with NEWS「「注文をまちがえる料理店」一般にも! 間違えても笑顔絶えない空間」

 

相手のことを思いやって
ま、いいか。
と思う事。
そのあたたかさに癒されました。

高齢化社会における社会課題が明るくあたたかく、問題が問題でなくなる企画です。

間違えるということが前提にあると、どう間違えるのだろうか?
とドキドキしながら楽しめてしまうだろうと思います。
そして、間違えても怒られないとおっしゃった認知症の方の感想が心に響きます。

間違えたくて間違えるんじゃない。
でも、それに対してどうとらえるのか。
ちょっと、新しい感覚を教えてもらいました。

神様の前で私はたくさん間違っているのに、寛容じゃないな~と自分を見てこれは天の前でよろしくないと思っていたのですが、神様がこの企画を通して教えて下さった感じがします。

社会問題について考えるヒントにもなりました!感謝。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. キリスト教福音宣教会とは?
  2. このブログをしている理由。
  3. 胸にしみたひと言。
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. Thinking

    まっちゃんの教師話に、いつも感動する。

    小学校の先生をされているまっちゃん。学校話を聞いていると、あ~…

  2. Thinking

    自分一人いなくても世界は回る。

    そー思って生きてきたしいまもそう感じます。…

  3. Thinking

    祝福とは・・・。

    朝、母が父に小言を言っているのが聞こえてきた。「いくら、キュウ…

  4. Thinking

    家族の良いところをちゃんと見つけられるようになったワケ。

    どのくらい自分が良い方へ変化したのかをふと感じる瞬間があった。…

  5. Thinking

    いつでもできること。

    仕事中に、強烈に無理だ。と諦めそうな気持ちが湧いてきて私を取り囲んだ。…

  6. Thinking

    温めると良い。

    体を温めるだけで体の不調が改善される。という、話を聴いたり、本も見かけ…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. Workつれづれ

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  2. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  3. イキサツ。

    ダイバーちーちゃん、世界の海へ!
  4. Workつれづれ

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  5. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
PAGE TOP