ひとづきあい。

失敗、転じて人となる。

私が失敗するときは、はっきり言って必ず共通しているのは
自己中心的な考え

今日も忙しいという自己中心的な考えによって、お客さんの心情を無視してしまう対応してしまったり
自分の思ったように進まないことでいらだちが募って血気が湧きおこったりと、まだまだ完全な変化を成せていない私の心が荒涼とした砂漠地帯となった。

脱、自分中心!!!血気撲滅!!!

神様~の心をくださーい。と明け方の箴言を読み返したところ・・・

「16.天の考えと自分の考え、一対一、自分と相手、一対一だ。」2016年4月26日明け方の箴言より

これだ!!これ!!!

天の考えと自分の考え。

自分と相手。

これがなかったから、天国成せなかったと痛感。

お昼休み終わって午後、後半戦。

相変わらず問い合わせ件数が止まらない、鳴りやまない電話。
こちらの惨状を知らずにマイペースなお客さん。
慌ただしさに苛立たしさが肩組んで私の前に立ちはだかる。

しかし、、私の考えでなく、天の考えください。たすけてくださーいとお願いしたところ
「今できること。今すべきことに集中すること」という天から考えを頂いて、
お客さんのニーズと質問意図を的確に聞き取れたので、時間短縮かつ無駄な苛立ちによる心労徒労なく完了。

やはり、天の考えだ~涙

就業時間終えるまで、ずっとこの箴言を繰り返し考えたり、わからんな~一対一ってどういうことなんだろう具体的に・・・・。

教えてください。どうしたら「一対一」という心になれるんですか?と訊きながら仕事をしてみることに・・・。

あるお客さんが私の個性と真逆の方で、・・・・個性が違うと、お互いに、いわんとするところでないところをキャッチしてしまうという・・・かみ合わない事件。
・・・お互い苛立ちが生じる。不毛地帯。

私の思いよりも、相手の思いをまず受け取って答えてみよ~。
という聖霊様の感動をいただいて、そのように相手に合わせた回答をしたところ、あっさり平和解決。

一対一って自分と相手が違うってことをまず知ること大事なのだね。
違うことを認めて認識して、目的を成すために対話することで成せる平和と創造的結果。と学びました。

自分の考えにとらわれて感情的になってしまう事件が起こることもありますが(^_^;)
神様のみことばにより少しまた一歩、人になれました。

(2016年5月17日Up記事をリライト)

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  3. このブログをしている理由。
  4. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. ひとづきあい。

    お前はもう死んでいると言われた女。

    その敵意どうして?と思う目にあうと、不覚にも涙目になるか、血気出し応戦…

  2. ひとづきあい。

    「ありがとう」はどこから生まれるのか?教えてもらった話。

    私の業務はひたすら質問を受けて、回答をする内容。なので、重複する質…

  3. ひとづきあい。

    ぶっちゃけ。

    メンバーから言われた言葉で傷ついたこととか、苦しくなったこととかあ…

  4. ひとづきあい。

    問題の答えは自分の中にある。

    私はどうしても引っかかったところや、自分が納得できない、理解できないと…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  2. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  3. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
  4. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  5. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
PAGE TOP