ひとづきあい。

問題の答えは自分の中にある。

私はどうしても引っかかったところや、自分が納得できない、理解できないということが有ると
明確にしないと気がすまないという、すげぇめんどくさい人だ。

ゆえに相手の言葉と、行ないの不一致が、理解出来ず、気になって詰め寄るようなところがあり

やり取りが破たん気味なことを神様にまず相談して
そして、そのあと摂理人でもあり、
中学時代からの友達にちょっと相談してみた。

その中で

自分が理解出来ないと思う相手にたいして、
より肯定的な考えと言葉で接することが平和の神様の願われていることなのだなぁ。。。と
聖霊様が悟らせてくださるようになった。。。

納得できない言動の相手に問題があるのではなくて、
その相手に対しての自分の捉え方・接し方に問題があったのだと気づかせてもらい、
答えはやっぱり自分の心の中に。
という感じ。

そして、戦うべきもの平和の神様と合わない自分の考えだと改めて見定まり
気づかせてくださり感謝。
悔改め(直すべき所直してより回復)します ┌(`・_・´)┐マケタクナイ!

私たちの戦いは「血と肉の戦い」ではありません。
「兄弟たちとの戦い」でもありません。
ただ「自分のすべきことをして、<自分>と戦って勝つこと」であり、
「<サタンと悪と不義>と競って戦って勝つこと」です。

摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の御言葉より

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. このブログをしている理由。
  3. キリスト教福音宣教会とは?
  4. 胸にしみたひと言。

関連記事

  1. ひとづきあい。

    「ありがとう」はどこから生まれるのか?教えてもらった話。

    私の業務はひたすら質問を受けて、回答をする内容。なので、重複する質…

  2. ひとづきあい。

    ぶっちゃけ。

    メンバーから言われた言葉で傷ついたこととか、苦しくなったこととかあ…

  3. ひとづきあい。

    失敗、転じて人となる。

    私が失敗するときは、はっきり言って必ず共通しているのは自己中心的な…

  4. ひとづきあい。

    お前はもう死んでいると言われた女。

    その敵意どうして?と思う目にあうと、不覚にも涙目になるか、血気出し応戦…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    憧れのピアノ講師…のはずが?
  2. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
  3. イキサツ。

    ピアノの先生からトラックの運転手へ!
  4. イキサツ。

    ジュエリー店員が見た真の宝石
  5. イキサツ。

    エステティシャン→整形外科の若手主任に!
PAGE TOP