どーでもいいハナシ

山梨弁にあらず、甲州弁なり。

ときどき、県外の方に「やまなし弁」と言われるのですが
NO!
と思うのは山梨県民皆だと思います。

きょうは山梨県民が標準語だと思ってしまっていて
県外の人と交流する中で「え?これ方言だったの?」と県民がおどろく甲州弁あるあるをご紹介。

①持ちに行く。

例文:あ、忘れ物しちゃった。持ちに行ってくるね。

「取りに行く」というのが標準語ですが、その言い回しなぜか覚えづらい・・・。

 

②かじる。

例文:蚊に刺されちゃった。かじりすぎないように気を付けてね。

「かきむしる」が「かじる」なんですね。
「かきむしる」=「かじる」の語感がぴったりじゃんねー!!
といって、標準語は生ぬるくて心に合わないと学生の頃、言い合っていたなぁ。

この2つは本当に気づかないで使うので、
もし聞いた場合は、「甲州弁ですよ、それ」と言ってあげて下さい。

この記事を書いたブロガー

黄雲 kou★un
生まれも育ちも山梨。東京へ通いながら摂理のバイブルスタディを学び、意を決して上京した後、教会がない山梨で生活している平信徒アラフォー。中高短大山梨英和卒業。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. キリスト教福音宣教会とは?
  2. 胸にしみたひと言。
  3. このブログをしている理由。
  4. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. どーでもいいハナシ

    にぎらない、おにぎりの良さ。

    急いでる時の荒業、握らないおにぎり。ただタッパーにご飯いれて、…

  2. どーでもいいハナシ

    夫婦喧嘩を通して、旧約聖書のあきら100%を思う。

    家に帰ったら母が久々にキレていました。わりと昔から夫婦喧嘩はしてい…

  3. どーでもいいハナシ

    八王子の「鯛八」攻略案を思いつきました。

    30分その場で待つことを工夫して過ごすのもいいかもしれないけれど、…

  4. どーでもいいハナシ

    ホントどーでもイイ話ですが、眉毛ってだいじ。

    むかし妹が、眉毛の手入れをしすぎて麻呂になってしまった時に両親がこ…

  5. どーでもいいハナシ

    氷点下でちょうどよく過ごせる装いとは。

    寒いと悲しくなるし、体温2度下がると風邪を引く(体調を崩す)という話も…

  6. どーでもいいハナシ

    身代わりになって砕けたチャカ。

    約10年ぶりくらいに派手に転びました。ジャガーパンツも…

  ≪ちーちゃんのヨガ教室≫

「心と思いと命を尽くすこと」とは?

  1. イキサツ。

    エステティシャンからリハビリ・看護助手へ転職!?
  2. イキサツ。

    ちーちゃん、摂理に洗脳された妹を救いに!?
  3. イキサツ。

    業界No1のエステティシャン…結末は!
  4. イキサツ。

    バイクで意識不明、気づいたら病院に…
  5. イキサツ。

    業界No1のエステティシャンが見た現実は…
PAGE TOP