仕事

教師仲間 その⑧ 中学校英語教師 ちんぐ先生

 

まっちゃんの教師仲間を紹介します!

 

第八回目は、「ちんぐ先生」!

 

中学校英語の専門で、

バリバリ進学校で働く、指導熱心な人気者の先生です★

いつもあれこれ奮闘記を話してくださるのですが、今日はその中の一つをご紹介します~.。゚+.(*・ω・*)ノ。+.゚♪

 

☆~⌒☆☆~⌒☆☆~⌒☆☆~⌒☆

 

はじめまして!

「ちんぐ先生」です~(´∀`*)☆

 

私は、中学三年生を担任しています。

 

進路指導」をするのは教師生活の中で初めてなので、どう指導していったらいいかと色々考え中です。

 

そんな中、思い出すのは、チョン・ミョンソク牧師先生が「進路相談」をイエス様にしてもらったたエピソードです。

 

☆。.:*・゜先生の就職のエピソード☆。.:*・゜

田舎

@www.artbank

あるところに田舎の少年がいました。

この少年はとても小さい村、ウォルミョンドンに住んでいました。

この少年は摂理史で一番目にイエス様に面談をしました。

 

少年はイエス様に尋ねました。

「私は学歴がなくて、誰も使ってくれないので、就職もできません。

また、お金もなくて、学ぶこともできません。

どうやったら私の人生の勉学の問題を解決できるでしょうか?」

j

@www.fotosearch

それに対して、イエス様はお答えになりました。

「苦労し重荷を負っている者よ。私に学びなさい。

私に学べば易しく、荷は軽い」とおっしゃいました。

 

その少年は、主がおっしゃる通りに「人生」と「聖書」を主に学んで生きました。

そうしたら、食べるものがなくて飢え、寝るところがなくて寒かったです。

 

それで、20代のとき、イエス様にもう一度面談をしました。

「イエス様、就職したいですが、学校の卒業証書がなくて、面接をしたら落ちて、志願さえもできません。どうやったら就職できるでしょうか?」

イエス様は

「私が、私を信じる人のところに行って頼んで、面接なしに就職できるようにしてあげよう」とおっしゃいました。

 

そうしたある日、主は時間を出して、その青年のところに来られました。

そして、「就職させてあげるから、私についてきなさい」とおっしゃいました。

青年はイエス様について行きました。

社長

@pixta

主はあるところに行かれました。

そこの社長は主を見てびっくりして、喜んで迎えました。

「イエス様、どうなさったんですか?」

主はその社長に話しました。

「落ち着きなさい。この子を雇ってほしい。ここで必要であれば雇うようにして、無理はしないでほしい」と言って、青年の就職を頼みました。

社長は「はい。主がおっしゃるから早速雇います」と言いました。

 

しかし瞬間 、その青年は考えました。

(一生就職して暮らすことを考えると、結局満足できないだろう)と分かりました。

 

この日、主はいろいろな業種に就職させてくださると言って、あちらこちらを回りました。

しかし結局、あの仕事もこの仕事も嫌だと言いました。

 

青年は自分の方から進んで

「イエス様、イエス様について行きます」と言いました。

 

イエス様は

「私について来て、手伝うことがないんだけれど・・・。

私は給料も払えないんだけれど・・・」とおっしゃいました。

 

それに対して青年は

「食べることは自分でなんとかして、ただついて行きますから、許諾だけしてください。就職、お金、環境に未練もなく、後悔もしないから、許諾だけしてください」と言いました。

 

イエス様は青年が自ら進んで話したので、いくつかのことを確認して許諾なさいました。

<摂理の主日礼拝の御言葉より>

 

☆。.:*・゜☆。.:*・゜☆。.:*・゜

j1

@mylifeyourlife

イエス様は、先生が納得するまで様々な道を見せて下さり、

「自分で考えて選ぶ」ようにされたそうだ。

 

 

それぞれの道は誰にもわからない。

でも、「人生の道」は自分で決定して行くものです。

 

主が私たちの進路に関する相談を聞いて、神霊に解いてくださるように、自分自身も祈りながら生徒一人一人の「進路指導」をしていきたいと思っています。

祈り1

@free-illustrations.gatag

祈りながら、主とともに行なう進路指導ができれば、きっと一人一人に主が進むべき道を開いてくださると信じています。

そのためにも生徒自身ができない「天への祈り」を担任がしてあげることが必要かなと思っています。

 

虹14

@www.chorus-song

 

先生が、私たち以上に私たちのために祈って条件を立ててくださったようにです☆。.:*・゜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いたブロガー

まっちゃん
大阪教育大学卒。小学校教師。
大阪(在住)と佐賀(実家)をこよなく愛するグルメ好き。
最近のお気に入りスポットは梅田。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. 京都 おすすめスイーツ かき氷・綿菓子編
  3. 大阪でおススメのパフェ屋 nana’s green tea
  4. 教育現場の叫び 過労死ラインの労働時間
  5. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。

関連記事

  1. 仕事

    教師仲間 その② 小学校高学年 しいちゃん先生

    @www.jpnsport.まっちゃんの教師仲間を紹介します!…

  2. 仕事

    主日礼拝か研修か…

    どちらも大切ですから、よく検討し、お祈りします^^医療人は国家…

  3. 仕事

    「ありがとう」の威力

    卒業式。子どもたちが去るのを惜しんで学校に…

  4. 仕事

    家庭訪問~神様の助けで・・!!

    @swa.kasugai.ed.jp今日もいそいそと家庭訪問に…

  5. 日常&私の思い

    仕えるってことを、少しばかし挑戦してみた。

    連日、通常の問い合わせ件数より2.5倍の状況において、自分中心の考…

  6. 仕事

    患者様の感性

    統合失調症や気分障害、認知症の方と過ごす中で、患者様の感性に驚…

  1. 日常&私の思い

    ジェネレーションギャップってやつ。
  2. 美容と健康

    殺害事件 「中毒」と「考え」について
  3. 摂理について

    度肝抜かれた十字架に対する感覚。
  4. 日常&私の思い

    虚しくない時間を生きる秘訣:瞬間を掴む。
  5. 日常&私の思い

    三月は別れ 四月は出会いの季節 感謝を込めて
PAGE TOP