仕事

刑務所の現状・・・( ̄ロ ̄lll)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

まっちゃん、この前【刑務所】で昔働いていた人と話す機会があった。

 

その人は今は教師になっていたので、まっちゃんが

 

「どうして教師になったんですか?」

 

と聞いたら、

 

子どもたちは、まだ変われる可能性があるから。」

 

と話してくれた。

 

その人は、【刑務所】廃人のようになっていく人たちを沢山見てきたそうだ

 

 

「そこに入れば、【普通の人】でも【気が狂う】よ。」

 

 

どうしてか理由を聞くと、

 

 

「【自由】を奪われた絶望感と、

 閉鎖された環境で、

 自殺を願ったり、

 精神がおかしくなる人が多いからだよ。」

と教えてくれた。

 

刑務所1@ecoeco-taizen.com

 

 

 

 

また、刑務所から出ても、また同じ罪を犯して戻ってくる人が多いそうだ。

 

 

そのような人たちをそばで見ながら、

 

 

「この段階まで行くと、そこからの更生が難しいな・・」

と強く感じたそうだ。

 

 

 

 

だから、その人は

変われる可能性を秘めている子どもたち

を指導する事に【希望】を覚えて、

教師】に転職したらしい。

 

こども@conobie.jp

 

 

 

その話を聞きながら、

学校という限られた環境の中では

(なかなか変わらないな)と思う子でも、

「更生が難しい大人を見てきた人」から見たら

「変われる可能性を秘めた子どもたち」

なんだなぁと改めて気づいた。

 

(あぁ、自分は本当に大切な場所にいるんだなぁ)

と、しみじみ【感謝】したまっちゃんでした.。゚+.(*・ω・*)ノ。+.゚♪

 

 

20代を越えたら始めるのに遅い。自分を作るのに遅い。

10代半ばには「人生の行く道」を分かって始めなければならない。

偉大な神様の御言葉で自分を作らなければならない。

神様は「人々が行くべき道」をご存じだ。

問題は人間たちが神様の御言葉を聞いて生きるかどうかだ。

人々は「何でもないこと」に命をかけ、断ち切れずに人生を腐らせる。

鄭明析牧師の明け方の御言葉より@ Mannam & Daehwa

 

この記事を書いたブロガー

まっちゃん
大阪教育大学卒。小学校教師。
大阪(在住)と佐賀(実家)をこよなく愛する2017年→年女
ニュースとグルメ好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まっちゃん

投稿者の記事一覧

大阪教育大学卒。小学校教師。
大阪(在住)と佐賀(実家)をこよなく愛する2017年→年女
ニュースとグルメ好き。

関連記事

  1. 新学期は「新しく」
  2. 教え子からのラブコール♡
  3. 教師人生と摂理の御言葉
  4. マイナス金利って何だ?
  5. 山形大学・九州大学、合同シンポジウム~
  6. 帆をつけて走る車
  7. 生きる気力がないですか? そんなあなたに、鄭明析牧師の愛の言葉を…
  8. 神様からのプレゼント☆豪華お菓子編

✧*。beauty&health(

Food(●´ω`●)&料理

PAGE TOP