仕事

師の日と教師のつどい

自分の師に対して感謝を捧げる日「師の日」

日本にはないが、お隣の国韓国には「師の日」という日がある。

「師」と言えば、学校の教師、習い事の教師、スポーツのコーチ、部活のコーチなど、様々浮かぶが、人生の道を教えてくれた方と言えば、やはりチョンミョンソク牧師先生だ。

今日は、大阪教育大学の卒業生4人で集まって、教師の話をしつつ、自分達を教えてくれた師であるチョンミョンソク先生に対しての感謝の思いを捧げた。

「先生を教える先生になりなさい」

これは、チョンミョンソク牧師先生が教えて下さった一言だ。

人生の道を教えて下さった「師」のように、大きな視野で、生きる力と希望を教える教師になりたいとあらためて思った教師たちのつどいでした☆。.:*・゜

 

この記事を書いたブロガー

まっちゃん
大阪教育大学卒。小学校教師。
大阪(在住)と佐賀(実家)をこよなく愛するグルメ好き。
最近のお気に入りスポットは梅田。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 胸にしみたひと言。
  2. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  3. 負けてあげる人が 大きな人です
  4. 教育現場の叫び 過労死ラインの労働時間
  5. キリスト教福音宣教会とは?

関連記事

  1. 仕事

    子どもに効く一言「神様が見てるよ」

    最近、同じ学年のあるクラスで【靴隠し】があった。担任の先生が困…

  2. 仕事

    台風の日

    小学生 四コマ漫画&n…

  3. 仕事

    死を考えた事がある? そんなあなたに、鄭明析牧師の愛の言葉を1つでも

    死を考えた事があるんですか?それは、生きる力がなくなってしまっ…

  4. 仕事

    やりたくなくても

    患者様には、出来る限り、優しく・真心で接します。言葉1つも、丁…

  5. 仕事

    子どもたちの宝物といえば・・・?

    摂理女子ブロガーがやっているブログバトンリレーに参加し、【麦わ…

  6. 仕事

    JR九州も上場するって

    九州旅客鉄道(JR九州)が10月25日に東京証券取引所、26日に福岡証…

  1. よつば(小4)

    ひそひそ話にも負けないぞ!
  2. 仕事

    卒業~別れの日~
  3. 日常&私の思い

    やさしいことも、難しいことも
  4. 日常&私の思い

    仕えることは、心に接すること。
  5. 信仰

    相手に分かってもらうには
PAGE TOP