旅&地域ネタ

「いちご」の発音が違う県民

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“1月15日は「いちごの日」!”

この宣伝文句をもっていちごのお菓子やスイーツをおすすめしてくるお店が、今年はやけに多かったような気がします。

こう言われると、何だか15日にいちごスイーツを食べることが正義のように感じてしまいます。私のようにまんまと自分の欲を正当化して買ってしまった人も多かったはず…(*´v`)

 

さて、私が「いちご」と言うと、一緒にいる人にだいたい突っ込まれます。

 

なぜかというと、

私の「いちご」の発音が人と違うからです。

 

標準語では

い↓ち↑ご↑

となるところが、

 

い↑ち↓ご↓

になってしまうんです。

 

千葉に出てきて初めて知ったのですが、

これは群馬の方言でした(*´ー`*)

ずっと標準語だと思っていました。。笑

県外に出てみないと、分からないものですね。

 

地元の方言や独特のイントネーション、だいぶ直したのですが、この「いちご」だけがなかなか直りません。とはいえ自分が直したつもりなだけで、家族や地元の友達と話していると途端に元に戻ってしまうのですが…(´ω`;)

 

幼い時に何を聞いて育ったかが、大人になってもこんなに残るんだなぁと改めて実感します。

 

ちなみに、「いちごプリン」や「いちごケーキ」など、他の単語が後ろに付く場合は、標準語の発音になります◎

また関西では、イントネーションは標準語と同じでも「ち」に力が入るそうです。

地方によっていろんな「いちご」があるようです(^_^)

 

「1月15日は何の日?」と聞いて返ってくる答えで、私のように出身地がばれる人もいるかもしれません(  ̄▽ ̄)

あなたの「いちご」は、どれでしたか?

この記事を書いたブロガー

saku
saku
千葉大学→同大学院理学研究科卒業後、医薬品業界を経て食品メーカーで働いています。事実に沿った正しい情報提供をモットーに、食品の安全を守る分析屋さん。料理とマシュマロがすき☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

saku

投稿者の記事一覧

千葉大学→同大学院理学研究科卒業後、医薬品業界を経て食品メーカーで働いています。事実に沿った正しい情報提供をモットーに、食品の安全を守る分析屋さん。料理とマシュマロがすき☆

関連記事

  1. 東京出張
  2. 最高のクッキー屋さん ~一生懸命な人が、輝いている
  3. イタリアンカフェ★ベーム@東大阪 布施
  4. どれにしようかな 天の神様の言う通り
  5. 岡山に行ってきたよ
  6. 甲府城下にある天然温泉付きホテル。>甲斐路の湯 ドーミーイン甲府…
  7. 東北のおいしいもの☆真だらのたらこ
  8. 宮島に行って来たよ

✧*。beauty&health(

Food(●´ω`●)&料理

PAGE TOP