旅&地域ネタ

山茶花の湯(佐賀)は何の発祥地?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今日は、母親と温泉&ランチに行ってきた。

 

別府温泉(大分)や、黒川温泉(阿蘇)。

嬉野温泉(佐賀)など、温泉があちこちにある九州

 

まっちゃんの実家の近くにも、二つ温泉を楽しめる場所がある。

 

 

一つは「卑弥呼の湯

吉野ヶ里遺跡が近いこの温泉は、卑弥呼の銅像が飾ってある。

町中(目の前にイオンがある)の温泉だ。

結構人がいっぱいいる。

65歳以上310円で入浴できるのも、人気の一つだ。

 

 

もう一つは「山茶花の湯

こちらは、卑弥呼の湯とは真逆で、山の上にある温泉だ。

露天風呂から山々が見え、大自然に囲まれて入浴できるので、まっちゃんも母もお気に入りの温泉だ♪

 

でも、初めてこの温泉の名前を見た時、

 

 

 

やまちゃ・・?」

 

 

 

読めなかった( ̄▽ ̄;)

みなさんは読めますか?

 

 

 

まっちゃん母に

さざんか て読むとよ(笑)」

と教えて貰った。

 

 

どうして「さざんか」が「山茶花」と書くかというと、中国では「ツバキ科の木」を「山茶」と言い、その花を「山茶花」と言っていたところからくるようだ。

 

そう!

実は、佐賀県「お茶」で有名。

静岡の「宇治茶」が有名だが、佐賀の嬉野で採れる「嬉野茶」もよく聞く名前だ。

 

そして、「山茶花の湯」の入口の看板を読んで初めて知ったが…

 

なんと!(゚◇゚)

 

s_5027550358066

 

日本で初めて中国(当時は1191年「宗」の国)から「お茶の種」を持ってきて栽培したのが「栄西禅師」で、その場所が佐賀県の「東背振(吉野ヶ里町)」。

そこから、静岡県の宇治茶が広まったと。

 

 

((゚ロ゚)知らなかった…)

 

 

こんな身近な所に「日本茶の発祥地」があったとは(* ̄□ ̄*;

 

 

この東背振は山が多く、特にお茶「雲仙寺」付近は、「栄西禅師」が中国で修業した「天台山並み」に似ており、

それで、栄西禅師はこの場所を「お茶の栽培地」に決めたそうだ。

 

 

そんなお茶の発生地にある「山茶花の湯

温泉も最高だが、ランチがとても良い!!

 

まっちゃんは「山茶花御膳

s_5027550418910

お茶の胡麻豆腐と、ナスの田楽がとても美味しかった!

品目も多く、味も繊細で丁寧に作られていて女性向けです(*´ω`*)

 

 

母は「秋旬御膳

s_5027550475666

こちらはマツタケの炊き込みご飯秋鮭のバター焼きお茶の和菓子付き。

 

沢山の種類を少しずつ食べられて、大満足の御膳でした♪

 

佐賀に来た時には、是非一度寄ってみてくださいね★

 

 

☆。.:*・゜☆。.:*・゜☆。.:*・゜

 

ちなみに、この日は大雨。

「雨やけん、人おらんやろーね。」

といそいそと母と二人で温泉に向かったが、

ついたとたん雨は止んだ。

 

「神様に愛されてるね~」

 

母親にそういうと、笑われた。

神様は、愛する人に優しいな

 

ちなみに、ご飯を食べてる時は大雨。

家に帰る為に外に出ると小ぶりに・・・

 

「やっぱり愛されてるね~(´∀`*)」

 

「また言いよっとね(笑)」

 

そんな「母子&神様」の集いでした♪

 

 

☆。.:*・゜☆。.:*・゜☆。.:*・゜

 

山茶花の湯

10:00~10:00~23:00

大人 720円

子ども 360円

入浴セット(岩盤浴付き) 1000円

0952-53-2619

詳しくはこちら→山茶花の湯

 

 

 

この記事を書いたブロガー

まっちゃん
大阪教育大学卒。小学校教師。
大阪(在住)と佐賀(実家)をこよなく愛する2017年→年女
ニュースとグルメ好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まっちゃん

投稿者の記事一覧

大阪教育大学卒。小学校教師。
大阪(在住)と佐賀(実家)をこよなく愛する2017年→年女
ニュースとグルメ好き。

関連記事

  1. よってけし山梨の温泉シリーズ~ほったらかし温泉~
  2. ニューヨークにて
  3. 箱根に行って来たよ
  4. 日本で一番初めに「ラーメン」を食べた人
  5. イタリアンカフェ★ベーム@東大阪 布施
  6. 拓大留学生☆小学校で出前授業!?
  7. 東京出張
  8. 大阪名物 たこ焼き

✧*。beauty&health(

  1. 医食同源。

Food(●´ω`●)&料理

PAGE TOP