摂理について

摂理はダンス好き集団?~私の初礼拝の思い出

今でこそ分かって馴染んで好きだけれども

当時には慣れずに驚いてしまったこと

普段から一歩引いて物事を見てしまうタイプの私には、摂理の文化の中にも、最初はよく分からずにこう感じてしまったものがいくつかありました(^^;)

 

私が初めて礼拝に参加した日にも、そういうカルチャーショックを受ける出来事がありました。

 

礼拝の前だったか後だったか…

ある賛美の前奏が流れ始めた途端。

今まで座って心情的に賛美していたのに突然みんな立ち始めて、

ダンス付きノリノリで賛美をし始めたのだ。

 

その光景にびっくりした(゜Д゜)

賛美って、静かにやるものだと思っていたから。

中学高校プロテスタントで賛美をしたことは何度もあったけど、こんな風に体を使いながら賛美したことは一度もなかったから。

↑賛美といえばこんなイメージしかありませんでした。

ゴスペルの楽しいイメージも持っていたら、感じ方がまだ違っていたと思いますが。

 

私は初めて来たから振りも知らないしダンス自体好きではなく苦手だったし、

前もってこんなこと聞かされてもいなかったから、

この賛美一曲分、ただ呆然と立ち尽くしているしかありませんでした(^-^;)

踊れなかったのは多分私一人で、浮いてしまってめちゃくちゃ恥ずかしかった。

「摂理は…ダンス集団なのか?!」と一瞬思って引いてしまった…のは今となっては良い思い出です。笑

 

後に、神様からいただいたこの体をもって全身で賛美を捧げることの意味と価値をちゃんと分かって受け入れられるようになり、苦手意識の強かったダンスも大好きになりました。

前もって教わらないと訝しがる私のようなタイプの人はびっくりしてしまうかもしれないけど、広く永く伝えていきたい、摂理の文化の1つです。

「賛美は静かにするもの」という既存の認識を捨てたことで、より優った新しい賛美の方法を開発させていただきました✨

 

既存の認識と違うものを目の当たりにすると、初めは脳がそれを異質なものとして受け止めてしまいます。

しかし、その時に、その瞬間の考えで判断して終わらせてしまうならば、それ以上に得られるべき恩恵を得られなくなってしまうこともあります。

 

宗教は古くさいもの、伝統と習慣に縛られていて窮屈なものと思っていたけど…

宗教も信仰も、時代に合わせて常に発展していくものなんだな!!

 

賛美の一件で、「なんだ~信仰生活ってめっちゃ希望的じゃん☆」と確信するようになったのでした(*^^*)

 

この記事を書いたブロガー

saku
saku
千葉大学→同大学院理学研究科卒業後、医薬品業界を経て食品メーカーで働いています。事実に沿った正しい情報提供をモットーに、食品の安全を守る分析屋さん。料理とマシュマロがすき☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 真面目なゆえに、弊害の様なものがある場合。
  2. キリスト教福音宣教会とは?
  3. 超☆豪華ビュッフェランチ@あべのハルカス
  4. 摂理にいることが辛くなった時。~考えが運命を左右する
  5. 負けてあげる人が 大きな人です

関連記事

  1. 摂理について

    「摂理」を心配されている方へ

    「摂理」は、私たちがこれまで学校や日常生活で教えてもらえなかっ…

  2. 日常&私の思い

    リアルに制約を受けない愛。

    摂理で神様の愛、神様から人間に向けられている願い・想いを知り、自分…

  3. 摂理について

    直接会えることが、うれしいんだ

    毎週日曜日にある主日礼拝は、1週間で最高の日です。神様が、直接私達…

  4. 摂理について

    チョウン牧師の笑顔

    私が御言葉を聞き始めたのは、2009年の秋でした。それからしばらく…

  5. 摂理について

    一個人を、最高傑作品に作るには(*´▽`*)

    「十人十色」「みんな違ってみんないい」「個性は大事」と言いますね?…

  6. 摂理について

    ぶっちゃけ。

    メンバーから言われた言葉で傷ついたこととか、苦しくなったこととかあ…

  1. 日常&私の思い

    思い出の記事☆Here Comes The Sun
  2. 旅&地域ネタ

    どれにしようかな 天の神様の言う通り
  3. 摂理の人々

    確かな希望を壮年部の方からもらった。
  4. 仕事

    卒業生からの手紙
  5. 家族

    天国のお母さんに感謝☆。.:*・゜
PAGE TOP