摂理について

子連れ主婦の はじめての礼拝!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

忘れもしない シロがはじめて礼拝にいった日。

 

「シロちゃん 礼拝に行ってみない?」と

御言葉を教えてくれてたえいちゃんに誘われ

とっても戸惑った 主婦シロ。

 

礼拝って シーンとして とても厳粛なイメージ・・・

そんなところへ 子連れ主婦が行っていいのか?

 

2歳のよつばと 悩み多き母シロ・・・

連れて歩くだけでヘトヘト。

泣いてもなだめることもうまくできない。

それでも 礼拝に行っていいのか?

 

シロ ためらいました。

いっぱい迷惑をかけると思って。

 

でも 聖書と御言葉で学びました。

神様は どんな人も愛してくれるんだって。

礼拝で みんなに会いたいんだって。

 

足りない母にも よくわめく子にも

神様は 礼拝の席をちゃんと用意してくれてるんだ。

 

その思いが心にとどいて 礼拝に行く決心をしました。

 

主人が仕事で出かけた 日曜日の朝

自転車の前に ちいさなよつばをのせて

何度か礼拝に行きました。

 

私たちは いつも遅刻でした。

たいてい賛美の途中で 御言葉の途中の時もありました。

 

それでも 私たちをやさしく迎えてくれました。

 

よつばが泣いて 私が色々あやしてもダメで

私も泣きべそになっていた時

教会の人たちが よつばをあやしてくれました。

 

「シロさんは 御言葉に集中してね」

 

そう言って その人にとっても貴重な礼拝の時間なのに

よつばのため 私のために 使ってくれました。

 

いつもなら 申し訳なさで ぜったい集中できなかった。

でも 御言葉に集中することが 一番の恩返しだ。

そう思って いろんな思いをふり払いながら

「御言葉を聞こう」 それだけを考えました。

 

みんなは 礼拝中は携帯をしまっているのに

私は いつも片手に 携帯を持っていました。

 

一度 携帯を見ずに礼拝にいた時

主人から連絡あったのに気づかなくて

あとで 困ったとことになりました。

 

たとえ礼拝中でも 家庭や仕事の事情で

携帯を手放せないことがあります。

 

連絡が来たら 御言葉の途中でも

帰らなければいけない時もあります。

 

出たり入ったり みんなに迷惑をかけて

最後までいれないことが 申し訳なくて

涙を流したことも たくさんあります。

 

それでも みんな迷惑そうな顔ひとつせず

「また礼拝に来れるといいですね~」と

笑顔で言ってくれました。

 

あのときの必死さと あのときの温もり。

助けてもらった 1つ1つのこと。

 

あのときがあるから 今もこうして礼拝を捧げられます。

神様 みなさん 本当にありがとう。

 

摂理の教会では いろんな経験を通して

子連れ主婦も こどもも 学生さんも 社会人も

みんなが心をラクに 礼拝の時間を過ごせるように

日々研究し よりよくしてくださっています。

 

どんな人にも 席がちゃんと用意されています。

それが 摂理の礼拝です^^

 

この記事を書いたブロガー

シロ
東北在住。9歳の娘のおかあさん。
結婚してから摂理に出会いました。
いつか主人にも御言葉伝えたいな☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シロ

投稿者の記事一覧

東北在住。9歳の娘のおかあさん。
結婚してから摂理に出会いました。
いつか主人にも御言葉伝えたいな☆

関連記事

  1. ハッピーバースデー☆
  2. 摂理の聖霊運動
  3. 私を伝道してくれた人
  4. 妹と心の磨きあい 2
  5. 大阪大学と摂理人
  6. 摂理の小学生と礼拝@大阪
  7. よく似ている、ペコちゃんと私
  8. 献金ってどういうものか。

✧*。beauty&health(

Food(●´ω`●)&料理

PAGE TOP