美容と健康

2030年、がん死者数予測 550万人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

%e7%99%8c

「日本のがん罹患数と死亡数予測」 @国立研究開発法人がん研究センター

 

癌(がん)」といえば遺伝生活習慣が原因という話もよく耳にするが、先日ニュースでこのような記事を見た。

 

2030年には「がん」による死亡者数が550万人を超えると予想される。

 

この予測は、国連機関による調査で分かった事のようだ。

パリで開催の「世界がん会議」で11月2日、

2012年に飲酒が原因で発生した新規がん患者は70万人以上で、がん関連の死者も約36万6000人に上る」と発表される。

@APF

また、国連の「国際がん研究機関(IARC)研究チーム」による結果報告

飲酒をする人飲酒しない人がん発症リスクを比較し、

がんの年間新規症例数の約5%、年間死者数の4.5%に、アルコールが関与している」という結果が出る。

 

また、国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センターが出した日本全国のデータを見てみると、

日本人が一生涯に「がん」になる人の割合は、2人に1人(男性約62%、女性約46%)

という驚くべき割合だ!Σ(゚д゚lll)

 

特に、女性の「乳がん」の発生率アルコールに起因する癌発生においては全体の4分の1を占め(‼)、「発症リスクが(アルコールの)摂取量とともに増加する」ということが明らかになっている。

 

次に発生率が高かったのが「大腸がん」で、全体の23%

また、「食道がん」は「最もアルコールと関連性がある」という結果が出ている。

 

 

さらに!

女性にとって見過ごせない結果報告が挙がってきている。

 

米国がん協会が11月1日に出した報告書によると、

がん」による女性の年間死者数は、2030年までに550万人に達する見通しで、20年足らずで60%近くの増加が予想される。

現在も、世界の女性はすでに7人に1人「がん」で死亡しており、「がん」は循環器疾患に次いで死因の第2位となっている。

 

 

これに伴い、世界保健機構(WHO)

アルコールが「がん」を引き起こす可能性が高いため、アルコール飲料を「グループ1の発がん性物質」に分類する。

そう定義しており、さらに

2012年に世界の女性の間で発生した新規のがん患者数は670万人死者数は350万人

人口増加と高齢化の結果として、これらの数字は2030年までに、女性の年間患者数990万人に、年間死者数550万人へと、それぞれ増加することが予想される

と報告書で指摘している。

 

女性のがん死因の上位4位を占める乳がん大腸がん肺がん子宮頸(けい)がんは全て、大部分が予防可能か、治療の成功率が高くなる早期に発見できるものだ。

 

お師匠も、御言葉でこのように仰った。

 

人間は、考えないから災いを受ける。

考えてこそ、行なうようになる。

考えが命だ。

 

ちゃんとやってこそ、ちゃんとできる。

健康も、ちゃんと管理しないといけない。

ちゃんとやらないから出来ないのだ。

 

アーメン★である。

 

まっちゃんも、健康管理徹底できなくて体調を崩す事があまりにも多かったから、この言葉を「考えから絶対に忘れず健康管理だ!(*`ω´)b

 

 

<目的>をもって行ないなさい。そうすれば100パーセント得る。

鄭明析牧師の明け方の御言葉より@ www.god21.net

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いたブロガー

まっちゃん
大阪教育大学卒。小学校教師。
大阪(在住)と佐賀(実家)をこよなく愛する2017年→年女
ニュースとグルメ好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まっちゃん

投稿者の記事一覧

大阪教育大学卒。小学校教師。
大阪(在住)と佐賀(実家)をこよなく愛する2017年→年女
ニュースとグルメ好き。

関連記事

  1. ノーベル賞 「医学生理学賞」大隅良典(東工大栄誉教授)
  2. インド 最高気温51度 死者440人
  3. アメリカの大統領選挙へのロシア介入疑惑
  4. 万能 ホットバナナ!!
  5. おうちラジオ体操のススメ☆
  6. 九州熊本地震 その後の現状 5月3日
  7. ルーマニア 汚職免罪抗議デモ 50万人
  8. そうだ温泉入ろう。~よってけし温泉シリーズ~【山梨の温泉】

✧*。beauty&health(

Food(●´ω`●)&料理

PAGE TOP